適した市場

基本的に私は日本(名古屋)と上海をベースに生活してますが、中国国内、日本国内他、韓国やアメリカにも出張に出る機会があります。日本に戻り生活しているといつも思う事があります。日本国内の景気はぱっとしませんので暇な飲食店などが多いのですが、そう言った店に食事に入っても非常に高いクオリティでサービスを提供していると再認識します。日本では繁華街などは大手飲食チェーンはもちろんの事、多くの飲食店が乱立し、完全にお客様の奪い合いになっておりどこも激戦区です。しかし、まだ発展途上の地区に同じクオリティで出店すれば、完全に差別化できると思うのです。実は私が2005年に上海に技術サービス会社を設立したきっかけも、こう言った発想が基本となってます。当時の上海には技術をサービスすると言う概念は無く、技術会社は技術だけを提供すると言う認識しかありませんでした。たとえばエアコンが故障などして業者を呼ぶと、業者は挨拶も適当、養生もせず、椅子や机に土足のまま上がり作業を始めます。もちろん作業が終わっても掃除方付けもせずに帰ってしまいます。日本で普通に行っている挨拶、養生、方付け清掃などが上海では完全に差別化したサービスとなると確信した訳です。このような思いがあり、当時は技術サービス会社(技術服務有限公司)と言う分類自体が存在しなかったのですが、役所の方に詳しく説明して当社が始めて技術服務有限公司と言う名称の会社設立を設立する事が出来ました。

少し説明を加えますと、中国では行う事業により会社名の後ろの部分は役所の方で決められてしまいます。たとえば、上海○○貿易有限公司と言うのはまさしく貿易会社であり、上海○○食品有限公司となれば食品会社と言う感じです。○○の部分は希望の名前を申し出て他に類似商号がない事などが確認されれば受理されます。

従って、会社名を見れば何をしている会社なのかがすぐにわかります。色々な種類の事業を展開している企業などは、中国で事業を行う場合には事業ごとに会社を設立する必要が基本的にあり、そう言った企業体を中国では○○集団と読んでいます。

当然ながら日本とは異なり外国ですので、中国は中国のルールで法人に関する法律も存在する訳です。前のブログでも書きましたが、中国で法人を設立するのは簡単な事ですが、事業を開始してから日本とは異なる色々なルール(法律)が存在しますので、そう言った点を気を付けて会社運営を行わないと法令違反で突然罰金を科せられたり、呼び出しを受けたりします。コンプライアンスを重視しています、と言う大手企業が今は多いのですが、そもそも中国でのコンプライアンスが何なのかもよくわからずに運営している大手企業が多いのも現実です。資本力の低い中小企業では突然の行政指導は会社存続の危機にもつながります、普段から「ここは外国であり、ここにはここの法令がある」と言う事をしっかり認識して運営する事が重要です。

日本の将来

今年の中国の正月(旧暦)は今月23日なのですが、日本に帰国する飛行機が直前はほぼ定価になってしまう為に、本日少し早いですが日本に帰国し先ほど家に着きました。

家に戻りメールチェックの為にパソコンを開き、インターネットでニュースを見ていたところ実に不安になるニュースがありました。

http://money.jp.msn.com/news/bizmakoto/article.aspx?cp-documentid=5749848

「イマドキ中学生の69.4%は、10年後の将来に不安を感じる」、子供達が将来に夢を持てない国家って言うのは悲しすぎます。政治的批判はあまり好きではありませんので詳しくは書きませんが、国の方向性を決めれる立場にある方達は自身と自身の大切な人だけを守ろうとしても、国全体が崩壊してしまったら意味が無い事を真剣に考えて欲しいです。

日本は無資源国家と言われています、唯一の資源は人材である事を忘れてはいけません。将来の日本を背負う子供達がポジティブ思考で生活が送れる環境を何とか築いて欲しいと願います。他人事に願いだけではなく、私も何か出来ないか真剣に考えて生きて行きたいと思います。

 

 

 

なぜ中小企業の中国・アジア進出はうまくいかないのか?

10月に日経BP社より発刊されました、

「なぜ中小企業の中国・アジア進出はうまくいかないのか?」に私の記事が取り上げられております。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/194920.html

少し考えさせるタイトルです。実際は大企業もうまくいってませんので。

・今までに、私の記事が掲載されている主要なメディア

2010年7月号 日経トップリーダー

2010年12月12日 朝日新聞

2011年1月3日10日号 アエラ(AERA)

2011年4月号 日経トップリーダー

今年は、当STECOグループの上海清環環保科技有限公司総経理である江頭利将と一緒に本を出版したいと考えているところです。

多くの日本企業が中国ビジネスで苦戦している現状を目の当たりにしてきましたので、何とかビジネスの成功率が少しでも高くなるように我々の経験を生かして頂き、日本の為に少しでも役立ちたい思いで一杯です。

 

 

日本に帰国

本日は夕方の飛行機で日本に戻ります。今朝も昨日同様に小雨が降っており、どんよりとした天気が上海は続いています。雨が降った上海ではタクシーをつかまえる事が今は大変難しい状況ですが、今は年末と言う事でこの時期は忘年会が多いも事あり、更に困難な状況です。

年末最後のミーティングをコンサル担当スタッフと行いました。
毎回同じような話題になるのですが、各スタッフに相談のある内容は、どれも同じようにコンサル会社の選定ミスによるトラブル案件です。
おそらく経験上での想像数値ではありますが、上海で本当にまともなコンサルタント会社は1割も無いでしょう。※日本に会社があるコンサルタント会社も含んでです。
これは、不思議な事に非製造業で上海に進出している企業の黒字運営が1割も満たない現状と同じような割合です。
もしかすると、いや間違いなく、進出時のサポートがしっかりしていなくて上手くいかないのでしょう。
いつも説明させて頂く話ですが、中国は外国です。日本では無いのです。
従って、その国の法律やビジネス慣習などをしっかり外国だと言う意識を持って認識しないと、トラブルの連続は想像できます。
急激な発展を続けており、法律も頻繁に変わる中国ですので、現場での経験値がもっとも重視されます。現場の経験値を持たないコンサルタントに相談しても、的確な方向性は見出せない事でしょう。

ちょっと話はそれますが、先日家の近くにあるココ一番カレーに行きましたが、その時に後から一人で入ってこられた日本人の50歳ぐらいのサラリー マンの方は、まったく中国語が話せず、注文するだけで5分以上時間がかかってました。おそらくココ一番だから日本語で問題無いと安心され入って来られたん だと思いますが、考えが甘かったですね。
海外で運営している日系飲食店も、現地の方をターゲットにしている場合は、日本語は通じない事がほとんどです。アメリカにもありますが、牛丼の吉野家でもアメリカも中国も日本語は通じません。
こう言った点を捉えても、もう少し現地事情や社会状況を把握しておかないと、スムーズに事は運びません。

当社は2005年に私が単身で上海に乗り込んで独資法人を設立し、現在はスタッフ約30名で黒字運営しています。
経験した私自身がはっきり言えるのは、チャンスは日本と比べれないほどまだまだ沢山あります。
中小企業にとっての中国進出は、今からでもまったく遅く無く、正しい入り方さえ出来れば、成功の確率は非常に高いです。
多くのコンサルタントは、ただ会社を設立するだけとか、無責任なサポートしか出来ていません。
会社を作るのは、考える事もないほど簡単な話です。
その後の運営がポイントなのです。
大手企業でも、大手コンサルタントに依頼して上海に現地法人を設立したまではいいが、その後に実際に行いたい業務が営業範囲に入っていなかったり、ライセ ンスが無いと出来ない業務で、会社は出来たが業務が出来ずに1年あまりも無駄に事務所家賃や人件費を払い続けていました。誰でも知っている大手企業で実際 にあった話です。こんな話は沢山あります。みなさん恥ずかしい事ですので、口外しないだけです。

良いコンサルタントと悪いコンサルタントの見分け方として、まずはしっかりした法律的根拠に則った説明ができるかです。
人脈が豊富だからと言って出来る事は限られます。
また、わざと中国は特殊だとか難しく説明し、混乱するような説明をするところも避けるべきでしょう。
シンプルに、そして分かりやすく納得ゆく説明を出来るところを選択すべきでしょう

 

忘年会

昨日は、社員全員参加で会社近くの湖南料理店で忘年会を行いました。

お酒を久しぶりに沢山飲んでしまいました。中国ではこのような催しの時には、「乾杯」と言ってグラスを交わした時には一気飲みが基本です。おそらく10本近くはビールを飲んだと思います。体調が良かったせいか、昨日は酔っぱらうような事はありませんでした。

昨日は夕方より小雨が降り、相変わらず変な天気が続いている上海です。1年を通して言える事ですが、日本で言うところの快晴と言う日は上海では経験できません。(唯一、大型連休のある時だけ見れますが)
もちろん中国政府は認めようとしないでしょうが、日本で高度成長期を経験した私自身の体験で言うと、間違い無く車の排気ガスによる影響で大気が汚れているのでしょう。
最近の自家用車については排ガス規制がしっかりされているように思いますが、バス・トラックなどは黒煙を吐いて走り回っています。
日本と異なり100を超える自動車メーカーが存在しており、各地域政府と密接に関係している為に、規制をしっかり行っていくのは難しい側面があります。
何とか都市部だけでも規制強化しないと、小さな子供たちは本当にかわいそうだと思います。被害をもっとも受けるのは、いつも弱い者ですね。

話は変わりますが、最近は日中ビジネスに関するご相談が多く、その内容は多義にわたっています。
特に最近多いのは、もともとどこかのコンサルタントに依頼をして進めていた話が上手くいかず、何とかならないかと言うご相談です。
中国コンサルタントと言うと、もともと大手としては会計事務所系などで有名なところが数社かあり、その他存在するのは大手企業で駐在経験をされた方が、そのまま退職されご自身で起業されコンサルタント業を行ってみえる方などです。
共に共通して言えるのは、自身で中国で起業していないと言う点です。
中国ビジネスは机上の理論では乗り切る事は困難です。会社を作るのは本当に簡単な事ですが、継続運営していく事は容易ではありません。
中小企業などで社長自らが乗り込んで進出したところなどは、一般のコンサルタントと比べれないほど、より現実的に物事を解決する方法論をお持ちです。
私も何件かの取材を今までに受け、その都度申し上げている事なのですが、中国ビジネスでは入口がもっとも重要であり、その入口を間違えると無駄な時間とお金を捨てる事になります。
進出時のサポート会社(コンサルタント)は、本当に専門的知識を経験して有しているか、また現地スタッフ(中国人)には適任者を選択しているか、などです。
政府と懇意にしているから大丈夫とか、人脈が豊富ですので安心して下さいとか、そう言った説明しか出来ないコンサルタントは、すぐに付き合いを止めた方が良いでしょう。
また、立上げ時の現地スタッフに、日本語が出来るだけが選択基準で採用するような事は極力避けるべきでしょう。日本語が出来るのと仕事が出来るのはまったく別次元の話です。

コンサルタントの選定

愛知県名古屋市で資本金300万円の小さな小さな有限会社(設備メンテナンス業)が、一念発起し2005年に上海に日系独資法人を設立し、今日までの軌跡と今中国で何が起きているのか、ビジネス的な観点を主にブログで書いていきます。

私が2005年に独資法人を設立してから今日まで、日本ではあり得ない経験の毎日で、おそらく本を書こうと思えば数冊は書けるぐらいの話題があります。
コンサルタントに騙されたと言う話も後を絶たず、それこそ日本にいる方達には話題だけ伝わり、詳細な内容は見えない事ばかりでしょう。
経験値の少ないコンサルを頼って、結果願いどおり事が進まない話も多く、そう言った方も騙されたと言いますし、まさしく本当に騙すコンサルも何名かおります。(皆日本人ですが)
日本に於いても信頼出来る関係が出来るまでには時間を要します。ですが、日本人の多くは海外に出ると現地で活動している日本人をすぐに信用してしまいます。
時間をかけて信頼を築くのは良い事ですが、海外で事業を立ち上げるには時間勝負でもあります。割り切って内容を冷静に精査して物事を進める決断力が欠如し ている方が多いのでしょう。これは、頼った人におんぶり抱っこしてしまう傾向が多いからだと思います。頼った人が本当に仕事が出来て良い方なら上手く行き ますが、経験値も無い人の場合は無駄な時間とお金を浪費するだけでしょう。ばくちと同じようなもんですね。
常に冷静な判断力を忘れず、疑問に思う事をそのまま流さず進めるべきです。コンサルと出会った当初は色々質問を投げかけ、納得ゆく答えが得られない場合 は、速やかにコンサルは替えるべきでしょう。政府と強いコネクションがあるから、心配しなくていいとか言って、質問に具体的に答えてくれないようなコンサ ルは問題外です。必ず後でトラブルが発生します。
私の会社も設立から7年目に突入しますが、設立より今日まで沢山撤退されていった(主に非製造業)日系企業もありました。2~3年で撤退されるところが多いと思います。
プランニングがしっかりしないまま進出し、1年目は何とか投入した資本金でやり繰りし、2年目で何とか良い方向へ向かおうと努力するが結果が出ず、その後に撤退と言うケースがほとんどでしょう。
はっきり言います、中国で会社を作るのは簡単な事です。難しいのは会社を存続繁栄させる事です。その為にはしっかりした事業の計画を持ち、良きスタッフに出会う事でしょう。

次からは、もう少し詳しく設立から今日までの出来ごとを時系列で書いていきたいと思います。

 

プロフィール

1961年愛知県は名古屋市瑞穂区に生まれる。

29歳の時に設備メンテナンス会社を起業。※個人事業として立上げ、後の平成4年に法人化

2005年に単身上海に乗り込み、設備メンテナンスの独資法人を設立し、現在に至る。

上海では外資企業として始めての設備メンテナンス会社として営業許可を取得。

多方面からのビジネス相談が多い為に、2011年にはビジネスコンサルティング会社を設立。

 

 

 

ブログスタート

数年前からブログを始めよう始めようと思い、何度かチャレンジしましたが直ぐに止めてしまいました。

今は一緒に事業を進めている仲間がいますので、みんなで一緒にブログをやろうと提案し、周りを巻き込みスタートします。自分が提唱した事ですので、止める訳にはいきません。人間は自身に甘い生き物ですので、時には自分で自分を追い込まないといけません。

私のプロフィールなどから徐々に現在の中国(上海)における現状などを綴っていきたいと思います。