プロモーション

昨年の3月に私の住んでいる上海虹橋地区にありますショッピングセンターの壁面に出された沖縄の広告です。(相当お金かかってると思います)

最初これを見た時には目立つけど何を言いたいのか、何を伝えたいのか意味がわかりませんでした。

私だけがそう思っているのか疑問に思い、社内のスタッフや知り合いの中国人にこの写真を見せて、その感想を聞きとりしました。

「これ何?」「何が言いたいの?」・・・

基本的に中国人も同じで、沖縄が何を伝えたいのかがよくわからないと言う答えでした。

彼らに、これは沖縄県がPRで出している広告だと説明すると、「何でこんな分かりにくい事するの?」と言う答えが多く、彼(彼女)等からすると沖縄は海が綺麗で自然が素敵なところでしょ、だったらそれを分かりやすく伝えるべきじゃないかと言う意見が多かったです。

要するに、この広告はイラストでイメージを伝えようとしてますが、これでは中国の人にはなんら訴求力が無いと言う事です。おそらく(未確認ですが)、有名な日本のイラストレーターが描かれた作品なんでしょうが、そんな事より写真で訴えた方が効果が高いと言う事です。

STECOコンサルでは、日頃よりブランディングなどのご相談も多いのですが、無駄にお金を掛けて結果が伴わない事をされている企業(自治体)が多い事に驚きます。

日本でも同じ事で、中国でも分かりやすく相手にイメージを伝える事は重要な事です。日本人的発想だけではなく、中国現地の状況を知り尽くした上で的確な宣伝戦略を立てるべきでしょう。

昨年末より沖縄県へはビザの緩和措置が取られ沖縄への観光誘致が盛んですが、この写真を撮影した3月の時点では、あくまでもイメージ戦略で意図的にこのような広告を出されていたとしたら、私のコメントは失礼しました。

STECO 「スマートユーズ(省エネ)共有セミナー」開催

STECO 「スマートユーズ(省エネ)共有セミナー」開催のお知らせ
2012/ 2/ 1
各位殿
この度、STECOグループはJETRO上海事務所の正式な後援を受け第三回目の「スマートユーズ(省エネ)共有実践セミナー」を主催することになりました。
テーマを「スマートユーズ化(省エネ)に取り組む企業や組織の知恵と工夫を共有し、共に節能目標達成」とし、省エネ推進企業がこれまで中国に於いて培ってきたノウハウ、現場の実情、具体例をご紹介しながら、参加者と共に「より効果的に省エネを推進していこう」という情報の共有を目的としたセミナーです。この取り組みが皆様のスマートユーズ化(省エネ)実践の手助けに、延いては地球環境の改善に少しでも役に立てばと願っております。
2012年度は、本格的に省エネルギーの取り組みの加速度が増して行くと思われます。これに対し、効果的な結果を残すには、世界的に評価を受けている日系企業の持つノウハウや工夫、具体的な実績を如何に多くの方々に知ってもらい実践してもらうかが重要です。
今回はテーマを「エネルギーの見える化、効率化そして資源再活用」とし講師陣は、勝心知(上海)国際貿易有限公司(松下電器(中国)有限公司)、英和双和儀器商貿(上海)有限公司、蘇州喬尼設備工程有限公司(蘇州ジョニー)、三浦工業設備(蘇州)有限公司、上海清環環保科技有限公司 (STECOグループ)の5社となります。
是非ともこの機会に中国ならではのスマートユーズ化の取り組み、注意点、成功例、失敗例などを参考にしていただき、皆様の現場にてより効果的な結果を出すための拠り所としていただけましたら幸甚です。
■ セミナー内容:(敬称略)
1) 勝心知(上海)国際貿易有限公司 総経理 藤田 信善 松下電器(中国)有限公司 元器件分公司 控制机器営業本部 事業部長 春日井 順 「省エネ対策はまず見える化から」
2) 英和双合仪器商贸(上海)有限公司 営業部長 島本 正揮 「高効率モータ規制と現状」
3) 蘇州喬尼設備工程有限公司(蘇州ジョニー) 総経理 丁 治椿 「廃棄物の資源化と減量化」
4) 三浦工業設備(蘇州)有限公司 営業総監 光宗 宏晃 「ボイラー、蒸気に於ける省エネ具体例」
5) 上海清環環保科技有限公司 (STECOグループ) 総経理 江頭 利将 「2012年中国の現状から見たスマートユーズ推進」
【日時】 2月28日(火) 13:30~18:00 (セミナー終了後に簡単な交流会を設けます)
【会場】 上海環球金融中心 29階 メディアセンター新聞発布会場
【対象】 日系企業管理職、総務、生産、工務担当者 その他省エネに関心のある方々
【言語】 日本語 【定員】 100名
【参加費】 無料 (セミナー後の交流会での飲食は各自負担となります。)
【主催】 STECOグループ、(株)KAMIYAコーポレーション、浦東能効中心
【後援】 JETRO上海事務所、上海漫歩創媒体広告有限公司(メディア漫歩)、
同济大学绿色建筑能源研究中心、上海環球金融文化伝播中心
【協賛・協力】 佐賀県上海デスク
皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

【お問合せ、申し込み】
tel: 021-5489-2707
fax: 021-5489-2717
e-mail: info@steco.asia
担当: 陳(日本語可)

法人設立

2005年6月30日付け営業許可証取得。実際に手続きに要した期間は1ヶ月ほどでした。私が進出後によく耳にするのが、大手コンサルタントに依頼して進めたが、営業許可証取得までに半年~1年かかったとか、費用が三百万円かかったとか言う話です。実体験した私自身だから言い切れるのですが、期間も費用もそんなにかかるのはあり得ない話です。これは、手続きを受託するコンサルタントが意図的に手続きが大変だとクライアントに思わせ高額にしているだけですし、手続き期間も実際に長期になるとするならば、それはまったく実力の無いコンサルタントであると自らが証明しているようなは話です。通常であれば、期間は2~3カ月以内、費用はコンサル費用を含めても日本円で100万円もあれば十分に法人設立は可能です。当社グループ企業であるSTECOコンサルでは法人設立よりその後の運営サポートを重点にサポートしておりますが(法人設立は悩むような問題では無い為)、中小企業様などで出来るだけ短い期間で費用も抑えて進出をご検討の企業様はぜひご相談下さい。

話がそれましたが、2005年6月30日に営業許可証を取得しまず取りかかったのは事務所の確保です。徐家匯と言う上海では誰もが知っている地下鉄駅より徒歩5分のところに、上海交通大学が運営するオフィスビルがあり、50㎡ほどの空き部屋がありましたので、最初の事務所はここを借りる事としました。

いよいよ事業開始です。

 

昨年10月に日経BP社より発刊されました、

「なぜ中小企業の中国・アジア進出はうまくいかないのか?」に私の記事が取り上げられております。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/194920.html

少し考えさせるタイトルです。実際は大企業もうまくいってませんので。

・今までに、私の記事が掲載されている主要なメディア

2010年7月号 日経トップリーダー

2010年12月12日 朝日新聞

2011年1月3日10日号 アエラ(AERA)

2011年4月号 日経トップリーダー

今年は、当STECOグループの上海清環環保科技有限公司総経理である江頭利将と一緒に本を出版したいと考えているところです。

多くの日本企業が中国ビジネスで苦戦している現状を目の当たりにしてきましたので、何とかビジネスの成功率が少しでも高くなるように我々の経験を生かして頂き、日本の為に少しでも役立ちたい思いで一杯です。

 

なぜ中小企業の中国・アジア進出はうまくいかないのか?

10月に日経BP社より発刊されました、

「なぜ中小企業の中国・アジア進出はうまくいかないのか?」に私の記事が取り上げられております。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/194920.html

少し考えさせるタイトルです。実際は大企業もうまくいってませんので。

・今までに、私の記事が掲載されている主要なメディア

2010年7月号 日経トップリーダー

2010年12月12日 朝日新聞

2011年1月3日10日号 アエラ(AERA)

2011年4月号 日経トップリーダー

今年は、当STECOグループの上海清環環保科技有限公司総経理である江頭利将と一緒に本を出版したいと考えているところです。

多くの日本企業が中国ビジネスで苦戦している現状を目の当たりにしてきましたので、何とかビジネスの成功率が少しでも高くなるように我々の経験を生かして頂き、日本の為に少しでも役立ちたい思いで一杯です。