中国の検査で日本製品が次々と不合格に

中国政府の省エネ政策も本気度が増してきましたが、国内製品の品質向上についても「安かろう悪かろう」の時代から完全に脱しようとしているのでしょう。

日本では既に販売していないような古いタイプの製品を現地で製造し販売する時代からは脱却し、次のステップへ移らなければ日本製造業も生き残れない時代です。

ニュースソース → http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130829/biz13082916430019-n1.htm

今週は月曜日から昨日まではシンガポールへ出張でした。

今までシンガポールはトランジットでしか行った事が無く、初めてシンガポール国内に入りました。

想像以上に小さな国で、おそらく国の端から端まで移動しても渋滞さえなければ1時間以内で移動可能でしょう。

当社のお客様でもあり、最近大がかりな省エネ改善を実施させて頂いたヤクルトさんのシンガポール版です。

コンビニで見かけて即購入して飲みました。

写真に撮るのを忘れてしまったのですが、シンガポールでヤクルトさんはオリジナル、オレンジ、りんご、ぶどうの4種類の味を販売していました。

罰金で色々と禁止事項が決められている国で、とにかく町並みは綺麗でした。

あと、街中にやたらと国旗が多いのに驚きましたが、シンガポールに限らず海外に行くと街中に国旗がどの国もたしかに多い。

いつしか日本では国旗を掲げているだけで「怖い」とか「右」とか言うイメージが出来てしまっており、この点は世界から見ても日本の不思議な点です。

その国の国旗を掲げる事は、非常に自然な行動かと思います。

木々が多く、癒される街です。

ローソンが北京に1号店を近く開店=セブンイレブンの独壇場を切り崩せるか―中国

8月17日に北京にローソン1号店が開業しました。

ニュースソース → http://topics.jp.msn.com/economy/china/article.aspx?articleid=2019874

北京では日系コンビニではセブンイレブンの独壇場でしたので、今後は競争が激化するでしょう。

上の表は昨年(2012年)の資料ですが、中国全土のコンビニの店舗数をまとめてあります。

日系コンビニは、7位にセブンイレブン、14位にファミリーマート、28位にローソンとなっています。

場所や店舗規模にも違いはありますが、中国系のコンビニの1店舗当たり1日の売上は3000~4000元と言われてますが、日系コンビニはその2倍程度の売り上げがあるようです。

今後都市部に関しては差別化により売り上げの差は広がる方向になるでしょう。

セブンイレブンの基本4原則は『品揃え』、『鮮度管理』、『クリンリネス』、『接客』となっています。

クリンリネスとは、輝くような清潔さと言う意味があります。

日本では20年以上前から店舗の清掃基準を厳しくし、床のワックス掛けなどは基準を設け、光度計をも使用しながら一定基準を保つよう輝きを維持管理しています。

店舗のエアコンも1年に1回は必ず分解洗浄し、汚れて真っ黒なエアコンは無くなっていきました。(清潔にと言う目的だけではなく、故障を未然に防ぐ意味もあります)

いち早くこのクリンリネスに取り組んだのがセブンイレブンでした。約20年ほど前にはサークルKもこのクリンリネスを徹底する目的で清掃基準を作りシステム化を図りましたが、この始まりの時には私の会社も100店舗ほど担当して取り組みました。

中国のコンビニも今後はクリンリネスに力を入れてくる段階にきているように感じています。

クリンリネスのノウハウを持ち、素早くシステム化できるところが今後は伸びて行くのでしょう。

ヤフーニュースで取り上げられました!

会社帰社後に総経理の江頭より電話があり、「ヤフーニュースで当社が出てるみたいですよ」と連絡がありました。

すぐに調べてみたところ、

『中国での「省エネ・排出削減総合プラン」に対して日本企業の取るべき方策を探る』

と言うタイトルで書かれており、記事内に当社の名前が書かれておりました。

ニュースソース → http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20130816-00027312/

※一部抜粋

この通達で注目していかなければならないことは、中国政府は省エネに関して本気モードで対策に乗り出していることです。 こうした規制において、取り締まりの最初のターゲットは外資企業です。その中でも、日本への感情の悪化もあり、日系企業は最も厳しい扱いを受けることが予 想されます。つまり相当にしっかりと取り組まなければ、相当な損失を伴う処罰の対象になることも考えられます。

日本企業の省エネ対策は、客観的見てもかなりいいものです。「当社は日頃より省エネ対策に取り組んでおり、実際 に毎年目標をたてて実施しているから大丈夫」という声もあります。これが通用しないのが中国。こうした対応を政府が認識し、評価しない限り、何もしていな いのと同じ扱いになります。

ここでは、「契約型エネルギー管理(サービス)などの推奨」がうたわれている点もポイントです。契約型エネル ギー管理は合同能源管理(EMC)」のことです。中国政府は、合同能源管理(EMC)許認可を有する会社に省エネ実施計画を作らせて、その後実際に合同能 源管理(EMC)事業を実施させていきたい意向のようです。

中国では合同能源管理(EMC)の許認可を有する外資企業は約20社ほどに限定されています。ドイツ企業ではシーメンス、アメリカ企業ではジョンソンアンドコントロールズなどが有しています。日本企業では、上海清環境保科技有限公司のみです。

このニュース記事を書かれた児玉克哉氏は三重大学の副学長で、非常に権威ある方のようです。

児玉克哉ウィキペディア → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E5%85%8B%E5%93%89

今後も良い話題として取り上げられるよう業務に邁進し、地球環境保全の為に頑張ります。

改めて感心する気遣いの文化

あまりにも青空が綺麗だったので、事務所から撮影した風景です。(午後2時ごろ)

上海ではPM2.5の話題は最近ありません。青空が見える日が多い真夏日です。

本日は3回も停電がありました。3回目の停電は午後4時頃に発生しましたが、その後は終業時間まで復旧しませんでした。

ノートパソコンを使って仕事をしている営業部などは停電でもパソコンがダウンする事無いのですが、総務部のスタッフはデスクトップを使ってますので、停電と同時に悲鳴とため息が一斉に響きます。

先週は月曜日~火曜日と香港へ出張でした。

朝早く起きてホテル周辺を散歩していた時に、中古車の広告を目にしました。

HK$1,680,000・・・高い

本日のレートでは日本円で20,958,000円

同じ年式・車種の中古車を日本で調べてみると

約900万円も日本より高い値段です。

日本でもポルシェはお金持ちしか乗れない車ですが、香港では更に乗れる人が限定されるでしょう。

さて、本日のブログタイトル「改めて感心する気遣いの文化」ですが、私は中部セントレア空港を利用する事が多いのですが、トイレに入ってその気遣いに感心します。

まず便器ですが、小さな子供でも腰かけれるように子供用の便座がセットされています。

男用のトイレですが、ちゃんと幼児が座れる椅子も用意してあります。

トイレ内側の扉には、分かりやすくシールでメッセージが貼ってあります。

手洗いの鏡下には、4ヶ国語で書かれたメッセージが置いてありますが、鏡に反射しても読めるように反対側にもメッセージが書かれています。

まさに、おもてなしの心で色々と考えて工夫が施してあります。

気遣いの国「日本」に改めて感心しました。

中国も将来はこのようになるのでしょうか?

NZ産粉ミルク原料にボツリヌス菌混入か 中国が禁輸

昨夜から出張で香港にきています。

夜ホテルでテレビのニュース(CCTV)を見ていて知りましたが、早速日本のニュースでもこの件は流れていました。

ニュースソース → NZ産粉ミルク原料にボツリヌス菌混入か 中国が禁輸

本日より中国内は大変な騒ぎになるでしょう。

中国では粉ミルクの60%以上が輸入製品で消費されています。

その内の80%がニュージーランドからの輸入ですので、国内消費の約50%の粉ミルクが突然無くなる訳です。

国内製品に切り替えるしかないのかと思いますが、小さな子供を持つ親は悩むでしょう。

その他参考ニュース → 国産粉ミルク信用失墜、人気の輸入品には「カラクリ」=中国

マイブーム

最近お気に入りの一品があります。

明治の炼奶芒果雪糕(練乳マンゴーアイスクリーム)、ほぼ毎日食しています。

私はファミリーマートで買うのですが、どこのファミリーマートでも置いてあるようです。

ローソンは未確認です。

1個は8.8元ですが、ファミマでは2個以上買うと20%OFFしてくれますので1個当たり7元です。(今だけかも?)

マンゴーの果肉も入ってます。

あと、この栗あずきアイスクリームも味は美味しいのですが、栗とあずきの量があまりにも少ない・・・残念

本日は午前中に家の不足物資の買い出しに古北のカルフールへ出かけました。

いつの間にか男性スキンケア―コーナーなるエリアが作られておりました。

私が上海に初めて来た2005年には既にこのカルフールは営業していましたが、当時男性のスキンケア―用品などそもそもほとんど売っていませんでした。

服装(ファッション)もそうですが、上海ではここ数年で男性のおしゃれへの意識が急変しています。

最近では若い男の子などはジャニーズ系や韓国のK-POPスターのようにカッコイイい子を多く見かけます。

↑ 何となく、おやじ目線でのコメント・・・

無理のある最高気温情報

連日体温を超える暑さで、お客様の空調トラブルが止まりません(汗)

中国では夏季高温時の労働者保護の為、政府が各企業(機関)に通達を出しています。

中国で生活をしていて不思議に思う事の一つに、本日も先ほど39度となりましたが、決して40度を超える発表をしないと言う点です。

今現在も、温度計は40度を超えています・・・

何故39度までしか発表しないかと言うと、政府通達では40度を超えた場合には、屋外で作業している人に仕事をさせてはいけない事になっているからです。

そうなると、建築現場などは工事がストップしてしまい、大きな混乱を招きます。

ここ数日、実際は連日40度を超えていると思うのですが・・・

関連の政府通達は下記となります。

沪人社综发(2011)43号

安监总安健〔2012〕89号

高温時における労働者保護の為、色々と決められています。

世界との比較でわかった「日本人給料高すぎ」の実態

今朝のニュースで、興味深い記事がありました。

ニュースソース → http://diamond.jp/articles/-/38861

中国が日本を抜いて世界第二位のGDP国になりましたが、一人当たりのGDPで見ると日本とは8倍以上の開きがあります。

記事の中では下記のような事がかかれています。

平均的な日本人でも世界では上位1%のお金持ち!?

あなたは、「自分の年収は世界で何番目か?」をご存じでしょうか。実はGlobal Rich Listというサイトで、簡単に知ることができます。

このサイトで、日本人の平均年収409万円を入力し、検索してみましょう。すると、世界では5283万1062番、そしてなんと上位0.79パー セントという結果がでました。物価の違いがありますので、必ずしも日本人が豊かどうかはさておいても、驚異の平均年収だということがわかります。

世界の中の日本、アジアの中の日本、自分の置かれている状況を冷静に把握した上で色んな行動を考えると良いかと思います。

また記事の中では下記のような事もかかれています。

日本で仕事のできない人は海外でも成功しない

 

海外で8年間仕事をしてきた経験から言うと、非常に同意できる点です。

当社にも新卒の日本人が面接に来た事がありますが、その時に彼は「私は日本人などで、もっとお給料をもらえるのではないですか?」と面接時に言ってきました。

日本人と言うだけで給料を沢山貰えると思っている感覚に驚きました。

現実を直視する点が、今の日本の若者には欠けている問題点でしょう。

ココイチ売上高最高に 海外攻勢、地域メニューも次々

日本も梅雨明けし各地猛暑のようですが、今日も暑い上海です。

朝の9時過ぎで32度です。今日も予想最高気温は37度、明日、明後日は38度のようです。

空調の効いた事務所から外に出ると、あっという間に汗が噴き出してきます。

 

私の生まれ育った愛知県から生まれた世界的カレーチェーンの「COCO壱番屋」のニュースが本日出ていました。

5月末時点での店舗数が1323店、他のカレーチェーンの店舗数とは大きく開いています。

売り上げ順調に伸ばしており、海外進出も積極的に取り組んでいくようです。

ニュースソース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000008-asahi-ind

「一人勝ちココイチの秘密」 ← こちらもご覧下さい。

COCO壱番屋の1号店は1978年に愛知県の清州市と言う名古屋市に隣接した場所で生まれました。

私も二十歳頃に美味しいとの評判を聞き何度も通いました。

今も一号店は当時の場所で営業しているようです。

※http://plaza.rakuten.co.jp/rintetsu17/diary/201003160000/ (りんてつのパノラマブログより写真は引用させて頂きました)

今度名古屋に戻った時には再訪してみようと思います。

 

それにしても暑い。

上海「男性版クールビス」

皮靴に靴下、ポロシャツ・・・そして、下着のトランクス

日本人の人は最初見た時に驚きますが、夏場の上海ではこのような姿を多く見かけます。

上海市場散策

昨日の土曜日は体重計を買おうと思い、仙霞路/剑河路にある西郊百联购物中心(ショッピングセンター)に出かけました。

納得するような体重計は無かったので結局何も買いませんでしたが、寝具売り場は竹?などで作った寝具が沢山売られており、夏仕様になっていました。

上海の夏は本当に暑く、夜もなかなか気温が下がりません。こちらでは夏は上の写真のように、寝具を竹?仕様にするのが一般的です。

寝具コーナーで、上海版クールビズも見る事ができました。

あと気になったのは、このショッピングセンターには日本のアパレルブランド「Olive des Olive」が入っているのですが、何と50%~90%OFFのセールをやっていました。

ブランド店での50%~90%OFFは上海であまり見かけません。ここ数年間に中国での店舗数をかなり増やしましたが、ここまでの割引をするという事は売れていない?のかと感じました。

西郊百联购物中心にはアルペンと同業種のデカトロンも入っていますが、いつも通りお客さんは沢山入っていました。

アルペンは何らかの仕掛けを思いきってしなければ、デカトロンと言う有名店がありますので苦戦するでしょう。

本日は、仙霞路/遵义路に新しくできたショッピングセンター(尚嘉中心)の地下にスーパーマーケットが出来たとの話を聞きましたので行ってきました。

行くまで知らなかったんですが、ここに新しく出来たスーパーは静安寺にあります久光(そごう)でした。

期待感を持って中に入り、久光のある地下2階まで向かいました。

まだ開業三日目ですので人はさほど多くはありませんでしたが、地下2階のテナント、スーパー共にクオリティの高い場所でした。

高島屋と比べると・・・ 比べるのが失礼なほど差は歴然です。

昔に虹梅休閑街店にあった(今もあるのかも?)イタリアントマトへは行った事がありますが、調べると静安寺のそうごうにも既に入っているようでした。

ケーキは1カット40元前後の値段でした。今の為替レートだと700円ぐらいの感覚ですので、少し高い感じを受けました。

久光(そごう)のスーパー入口のところです。カゴメさん良い場所確保して頑張ってます。

写真に写っているのは全てミネラルウォーターです。色んな国の水が売られています。

子供のお菓子コーナーも充実しており、ほとんど日本からの輸入品です。やはり子供には安心できる物を食べさせたいと親は思うのでしょう。

永谷園の「あさげ」と「ゆうげ」が売られていましたが、中国で作っていたとは知りませんでした。上海から近い宁波で製造しているようです。名古屋人としては赤みその「ひるげ」が無かったので、少し残念です。

中国製造の「あさげ」と「ゆうげ」は現地向けに作られており、日本とは異なった内容のようです。一度食してみます。

スーパーを出て山崎パンを発見しました。静安寺のそごうでは超繁盛店ですが、こちらも今後期待が持てるでしょう。