建国記念の日

2月11日、本日は日本国の「建国記念の日」となります。

2014年の2月11日は始めて総理大臣が国民にメッセージを出した記念すべき日となるでしょう。

首相官邸の総理大臣メッセージ ← クリック

右傾化とか、また色々と某メディアが騒ぎ立てる事と思いますが、そもそもどこの国でも行っている普通の事です。

人にはそれぞれルーツがあります、生んでくれた親、親を生んだ祖母(祖父)、その先の祖先と人にも歴史があるのと同様に、国にも歴史があるのは普通の事では無いでしょうか。

前にも何回かブログで取り上げましたが、私の子供の時にはどの家にも玄関先に国旗を掲揚していました。

それが、いつの頃からは自然と無くなってしまいましたが、これは異常な事だと思います。

世界中、どの国に行っても、その国の国旗を普通に目にします。また、その多さにも驚きます。

そもそも、「建国記念の日」のルーツは、紀元節の日付で神武天皇が即位したとされる日です。

建国記念の日 ← クリック

ルーツを忘れた国に未来は無いでしょう。

そう言った意味での今回の首相メッセージは意味深い事に思います。

中国人OLは見た! 猛毒中国ビジネス

515x+fsJ8vL._SS400_

久しぶりに良い内容が書かれた本に出会いました。

【詳細説明】

中国に進出した日本企業30年の歴史は、ただ「喰われる」ばかりだった?

本書は、日本の某中堅広告代理店で上海万博プロジェクトの最前線に立った
中国人女性が、自らの遭遇したショッキングな体験談を綴ったものです。

リーマン・ショックを乗り越えて過剰な自信を持つようになった中国では、
ノコノコやってきた外資などただの「アイディアを盗む」対象でしかありません。
ならばと現地において信頼できるコネを作ろうとしても、
「私は有力者と知り合いである」と自称する詐欺師に騙されるばかり。

たとえ中国人であっても、この中国ビジネスの現場では大きな苦労を
強いられたのです。

しかし、やられっぱなしでいるわけにはいきません。
強引な契約解除にどう抵抗するか、踏み倒しを奨励する中国企業から
いかに債権を回収するか。
著者の張さんは深い幻滅を味わいながらも奮闘し、結果的には破綻した
ビジネスであっても、一定の結果を残すことができました。

これは、これまでの日本人が中国など海外に抱いていた思い込みに
基づいていては、決して実現できない結果でもあったでしょう。

本書は豊富な実例から、中国のみならず海外ビジネスに関わる人間にとって
欠かせない教訓と基礎知識を伝授します。

中国に対して溜飲を下げるばかりではなく、「ではどうするのか」という
処方箋まで提案する、唯一無二の「中国本」の登場です。

【目次】
序章 反日教育を受けた私は、日本国籍に帰化しました
第1章 外資系企業は、カモですか?
第2章 キラキラ「巨大市場」の闇
第3章 「中国で稼ぐ」見果てぬ夢
第4章 欲望に満ちた市場、果てしない孤独感
第5章 契約のために、とにかく粘ります
第6章 中国は、巨大工場ではなく、巨大買い手市場です
第7章 自称「中国ビジネス通」の恐怖
第8章 奈落
第9章 さらばチャイニーズ・ドリーム
第10章 何が中国の真実なのか?
終章 ならばどう中国市場と付き合うべきか

【著者紹介】
張益羽(チョウ・マウ、某中堅広告代理店勤務)
滞日歴12年。
上海の大学を卒業後、日本文部科学省国費留学生として来日。
表象文化を研究テーマとし、大学院修士課程を修了。
大学院在学期間中より国際会議等の通訳・翻訳、中国語講師等の仕事に関わり、2002年より現職。
さまざまな企業の中国マーケティング業務を経験し、上海万博などの大型イベントにも携わる。
日本企業と中国企業を両方担当してきた。
また、社内で初めて中国企業から日本円で億単位の入金を実現した。

中国関連の新書は常に購入し年間50~60冊は読んでいますが、良い内容の書籍は10%ほどしかありません。

ほとんどは現実とはかけ離れていたり、意味の無い内容の書籍です。読まない方が良い書籍も多く存在しているのが現実でしょう。

評論家と称する方々の書かれている書籍は読む必要をほとんど感じません。

今までに読んだ書籍で良かった物は、ほとんど中国での実業経験を積んだ方が書かれた書籍です。

興味を引くタイトルを付けるのは仕方がないとして、未だに「中国人は面子を重んじるので人前で注意してはいけない」とか書いている本もありますが、腰かけ程度で中国ビジネスをした方が書かれているのでしょう。

中国でビジネスを始めて9年目になりますが、今改めてはっきり言えるのは、「中国通(つう)」と言われる専門家(書籍やコンサルタント)の多くによってビジネスが混乱していると言う現実です。

間違った情報や認識でビジネスが上手く進むはずもありません。

中国だからと言う特別な感覚を持ち込まず、当たり前の事を当たり前に考え、そして形にしていく事が最も重要です。

重度の大気汚染

DSC_0310

昨日までマレーシアのクアラルンプールへ出張しておりましたが、今朝起きて外を見ると酷い状態が。。。

上海在住でブログを書かれている方などは、ここ数日みなさん大気汚染の話題を書かれています。

今現在、上海の状況は下記のような数値です。aiqsh

この 219 中度汚染 と言う数値がどの程度かと言う事ですが、他の地域と比較してみましょう。

aiq

日本、韓国などと比べてみると、数値の異常さがよくわかります。

ちなみに東京周辺では数値がほとんど50以下です。

aiqtokyo

車のガソリン精度の問題、石炭燃料の問題など、今すぐ改善しなくてはどんどん人が海外に出て行ってしまうでしょう。

最終的に誰もが自身と家族の安全を一番大切に願っていることでしょうから。

EVA EXPO in shanghai

10日間ほどブログ更新をさぼってました。

書きたい事は沢山あるのですが、どの話題も長編になりそうなので本日は簡単に済ませます。

まったく興味は無いのですが、話題になっていますので正大広場で開催されているエバンゲリオン展(EVA EXPO)なる催しへ本日行ってきました。

コスプレの子達も

さて、少し覗いてみようと9階の会場へと向かいましたが

あまりに凄い人で長蛇の列が出来てましたのであっさり断念。

正大広場周辺も随分と綺麗になりました。

もう少し空気が綺麗なら散歩するのに良いエリアでしょう。

 

 

社会貢献事業

春に上海市内3カ所の幼稚園に設置してある空調機の洗浄作業を無償で実施しましたが、秋には養老院を対象として昨日、一昨日と実施しました。

宝山区にある通河二村小区内にある通河新村街道敬老院と言うところで約30台の空調洗浄作業を実施しました。

今後も春と秋には子供とお年寄りを対象として社会貢献事業を続けていきます。

台風から逃げてました

6日よりマレーシアへ出張しており、先ほど上海に戻りました。

上海では台風の影響で、各地で車が水没するなど被害が大きかったようです。

上の写真のようなところが多かったようです。

さて、今回のマレーシア出張はクアラルンプールでは無く、ジョホールバルと言うシンガポールに隣接した街に行きました。

上海からはシンガポールのチャンギ空港に入り、そこから車でジョホールバルへは移動しました。※移動は約1時間ほどでした。

6日の午後3時過ぎにチャンギ空港に着き、上の写真は空港を出たところで撮影した風景です。空が澄んで綺麗ですね。

シンガポールからジョホールバルへは出国と入国の手続きが必要ですが、コーズウェイと言うところで非常に簡単な手続きで出入国はできました。

上の写真はジョホールバル側より撮影した風景です。橋のように見えるのがコーズウェイです。コーズウェイは埋め立てられており、橋ではありませんでした。向こう岸がシンガポールになります。

上の写真はジョホールバルよりシンガポール側を撮影した風景です。

上の写真の右手に見える大きな建物がジョホールバルのイミグレです。

下の写真3点はジョホールバルの町並みです。

のどかな街並みで、生活はしやすそうな雰囲気でした。

物価もシンガポールより随分と低く、週末はシンガポールより多くの人が買い出しに来ているようです。※イオンもあります。

今回ジョホールバルで宿泊したホテルは「グランド ブルーウェイブ ホテル」と言う所でしたが、名前にブルーウェイブが入っているのでお分かりかと思いますが、オリックスさんのホテルでした。

明日からは上海事務所への出社予定だったのですが、どうも一日停電との連絡が入り、会社外での仕事になりそうです。

ぶらぶらと

少し買いたい物もあったので、11時頃に家を出て上海浦西の中心部へ出かけました。

国慶節と言う事もあり、市内の道路には至る所に中国国旗が掲揚されています。

お昼は久しぶりに東湖路にある「うま屋」に行ってみました。

定番のラーメンとチャーハンを注文しました。前に来た時にも気になったのですが、ラーメンスープの臭いが少し気になります。一般的に中国人の人には好かれない臭みです。

この「うま屋」は私の地元愛知県に約30店舗展開しているラーメンチェーンで日本では何度も食べた事がありますが、日本では臭いが気になった事はありません。

http://www.umaya.co.jp/

材料や作り方が微妙に違うのでしょうか?

その後は9月30日に出来たユニクロ上海店(世界最大店舗)を少し覗いてみました。

日本でもGUはまだ入った事がなかったので、地下1階のGUを見学に行きました。

パンツからシャツまで大部分の商品が99元以下で揃っており、非常に値打ち感を感じる店でした。

上海も偽物の店も随分と少なくなりましたが、未だに品質の悪い偽物Tシャツを平気で150元とか200元とか言って売っている店は既に存在する意味が乏しくなりましたね。※値切れば結局50元程度で買えるのですが、価値は無いです。

ユニクロに行く時に花園飯店(上海オークラホテル)の駐車場に車を停めましたが、ホテルを綺麗に撮影できましたのでアップしておきます。

ユニクロ見学の後は、静安寺の久光(そごう)に寄りました。

地下のスーパーレジ近くにカット野菜とドレッシングがセットになった商品があり、キューピーのドレッシングが同じところに沢山陳列してありましたので、キューピーが野菜も売るようになったんだと思い一つ買いました。

家に帰ってから見てみると、中に入っているドレッシングはキューピーでしたが、製造販売はキューピーではありませんでした。※あたかもキューピーの製品だと錯覚するような陳列方法でした。

さて、本日買いに行きたかった物はフライパンです。古北のカルフールへ向かいました。

フライパンだけ欲しかったのですが、何と上の3点セットで99元

超得したような気分になり、即買ってしまいました。

2013年 国慶節突入

10月1日より7日までは国慶節(建国記念日)にて中国は大型連休に突入します。

工場などでは本日、明日よりお休みに入るところが多く、当社も明日よりお休みになります。

以前にもブログで書きましたが、普段でも中国国旗をよく見かけますが、この時には至る所で目にする事ができます。

それと比較し、日本では建国記念の日でも国旗を目にする事が少なくなりました。

とても寂しく、悲しいです。

良い意味での愛国主義は日本にも必要ではないかと思います。

大型連休のこの時期には7億人以上の人が民族移動しますが、鉄道駅などでは人が多いばかりでなく、地面に捨てられたゴミの量に驚きます。

数年前、連休中に初めて上海南駅に行った時には衝撃的光景を目にしました。

下の写真は福建省の泉州駅で、2010年国慶節の時に撮影された写真です。

駅周辺に散らばっているゴミの状況ですが、悲惨ですね。

個人(利己)主義の社会ですので、「人様に迷惑をかけてはいけない」という意識が乏しい現実があります。

最近では徐々に意識が変わってきている人も増えてきた事を実感しますが、まだまだ時間がかかるでしょう。

 

東南アジアの優等生 マレーシア

昨日、本日とマレーシアのクアラルンプールで開催されましたMARA(マラ)公団&OISCA(オイスカ)のビジネスフォーラム出席の為にクアラルンプールに来ています。

金曜日の朝に上海自宅を出発し、浦東空港より香港経由で20:00頃にクアラルンプールに入る予定でしたが香港での乗り継ぎが上手く出来ず、結局クアラルンプール国際空港に着いたのは深夜1時近くでした。

MARA公団とは

地方地域開発省の下部組織。マレー人優遇政策 (ブミプトラ)のため1966年に設立。特に農村地域住民の経済的・社会的発展を促進するための実施機関。MARAは、マレーシア語で MAJLIS(Council:評議会)  AMANAH(Trust:信頼)  RAKYAT(People:人民)の頭文字をとったもの。

OISCAとは

1961年に本部を日本に置き設立され、現在は30の国と地域に組織を持つ国際NGO。国連NGOの最高ランクである国連経済社会理事会カテゴリー1(現在のジェネラル、総合諮問資格)に指定されている。

MARA公団とOISCAは、1967年に初めてMARA公団からOISCAが工業研修生を受け入れて以来、40年以上の長い関係が続いています。

今後マレーシアでも日本の省エネ・環境技術導入が望まれており、今回は当社もMARA公団及びイスカンダル商工会議所と戦略的パートナーシップの協定書に調印する事になりました。

本日は少し空き時間がありましたので、お昼前にペトロナスタワーに行ってきました。

ここの中にはKLCCと言うショッピングセンターが入っており、UNIQLOや伊勢丹、紀伊国屋、BEST電器など日本企業も多く入っていました。

日曜日と言う事もあり、人出も多く活気がありました。

人出は多いが落ち着いた雰囲気があり、一人当たりの名目GDPが東南アジアの順位ではシンガポール、日本、香港、韓国、台湾に続く国だと実感しました。

マレーシアは初めての訪問で、正直なところイスラム国ですのでもう少し違ったイメージを持って訪れましたが、服装が特殊なだけで生活はしやすそうな国に感じました。※食事はイスラム教の制約がある為に、パーティーなどで出た食事も豚肉が無い等の特徴はありますが、街に出ればマック、ケンタッキー、ピザハットなどほとんどの有名ファーストフード店は何でもありますので、数日間滞在なら外国人も困る事は無いでしょう。

ホテルから徒歩5分ほどの場所にそごうデパートがありましたので、少し覗いてみました。

1Fの中央スペースでセールを開催していましたが、見てのとおり多くの人が訪れていました。

日本と似ており、人は多いのですが静かな雰囲気が印象的でした。

上の写真に写っているガラス張りビル6Fでフォーラムが開催されました。同じビルの25Fより上層階がホテルになっており、ここの29Fに宿泊しており、今はその部屋でブログを書いています。

ホテル近くを散策してみましたが、このような服を売っている店が結構ありました。こちらの女性のパーティー用衣装でしょうか?

ミスタードーナツ & ハローキティー コラボ

今日は土曜日ですので仕事以外の話題を書こうと思います。

以前に田子坊(泰康路)で買った時計の電池が切れてしまっているのに昨日気付き、今日は久しぶりに田子坊に行ってきました。

田子坊に行く時にはいつも泰康路を挟んで反対側に出来た日月光ショッピングセンターの地下に車を止めます。

地下3階に車を停めてエスカレーターで地上まで上がるのですが、その途中の地下2階にミスタードーナツ(美仕多)があります。

ふと見ると「hallo kitty」のPOPが目に飛び込んできましたので少し立ち寄ってみました。

8月29日~9月25日までの期間限定で、上海のミスタードーナツ(mister donut)全店でコラボ商品(一番上の写真の6品)を販売しているようです。

その後は時計を買った店に行きましたが、、、、、既に別の店に変わってしまってました。

泰康路周辺を少し散歩していたところ、???あれっ

トヨタのエスティマと思ったらエンブレムが「BYD」・・・

コピー車で有名なBYD(最近は以前ほどではなくなったようですが)の車でした。比較写真を作ってみました。

左がトヨタのエスティマ(中国名は普瑞维亚)、右がBYDのM6と言う車です。

今は2013年です、GDPも世界第二位になりました・・・でも、未だに

ちょうどネットでこの車の事を調べていたところ、面白いコピーの話題を見つけました。

上が本物のファミリーマート、下はファミリーマーですね。

しかし、よくやる

スターバックスの偽物、STARBUCSでは無くSTARBUCSS、Sが一文字多いですね。

中国名で本物は星巴克、偽物の方は星吧克・・・ここまでするとは。

いずれも今年の4月には役所の手入れを受けたようですので、今は存在していない事を願います。

家への帰り道は好きな新華路を通ったのですが、信号待ちで雰囲気の良い喫茶店を発見。

欧米人の人が店舗屋外の椅子に座って読書してましたが、それで雰囲気良く感じたのかもしれません。

口コミ情報のサイトを見てみると、評価非常に高い店でした。

http://sh.meituan.com/deal/6858653.html

Aroma百香西点

新华路685号(近杨宅路)  地図