本の紹介

一昨日に購入した本です。昨日日本から上海に戻る機中で読もうと買った本です。表紙のタイトルが少しインパクトありましたので中身を期待せずに購入しました。

昨日読み切りましたが、正直なところ私は約7年中国でビジネスをしてますが、色々と考えさせられる内容でした。少し誇張はしてると感じますが、間違いでも無いと言う気持ちは感じました。

中国・中国人を悪く言うのではなく、よく理解した上で付き合うべきだと警鐘している本ではないでしょうか。

「中国と中国人は、この五文字で理解できる 心を許せない隣人」と言うタイトルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です