習近平氏、全国生態環境保護大会で重要演説

5月18日、19日に全国生態環境保護大会が北京で開催され、習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は大会に出席し、重要演説を行いました。

日本語ニュース ⇒ http://jp.xinhuanet.com/2018-05/19/c_137191549.htm

中国語ニュース ⇒ http://www.xinhuanet.com/2018-05/19/c_1122857595.htm

重要な発言について、まとめてみました。

①生態文明建設に対する意義の解明はより一層強い:

「十九大報告」には、生態文明建設は中華民族の永続的発展に関わる「千年大計」から「根本大計」に上昇する。

②十八大以来、生態文明建設に3つの単語で肯定した:

歴史的、転換的、全局的な変化が発生していた。同時に、生態環境の質が継続的に好転し、安定さの中でよいほうへ向かう傾向があるが、効果がしっかりではないと指摘する。

③生態文明建設の現実状況について三つの判断:

重圧で巨大な試練に直面する重要な時期にある、人民より日増しに強まっている美しい生態環境に対する需要を満足する正念場を迎える、突出した環境問題を解決する能力や条件があるウインドウ期にたどり着いた。

④新時代の生態文明建設推進に6つ原則を提出する:

1 人間と自然との調和的共生

2 豊かな自然は金銀ほどの価値がある

3 良好な生態環境があまねく恩恵のある民生福祉

4 山水林田湖草は生命共同体

5 最も厳格な制度及び法律で生態環境を保護する

6 グローバル環境文明の建設を連携で実現する

⑤生態文明建設に5つの要求を提出する:

生態文明システムの構築を加速する

グリーン発展を推進する

突出した生態環境問題が民生問題に優先させる

生態環境リスクを有効的に防止する

環境改善のレベルを高める

⑥健全な5つ生態文明体系構築の加速を強調:

生態価値観を原則とする生態文化体系

産業生態化及び生態産業化を主体とする生態経済体系

生態環境の質の改善を核心とする目標責任体系

改善体系や改善能力の現代化を保障とする生態文明制度体系

生態系統の良性な循環及び環境リスクに対する有効な防止を重点とする生態安全体系

⑦最後に、生態文明建設は党の指導を強化する必要性を強調した。

地方の各級党委員会及び政府の主要な指導者は、当地域における生態環境保護の第一責任者である。

以上

尚、次の点も注視すべき発言となります。

生態文明システムの構築を加速し、2035年までに生態環境の質の根本的好転、美しい中国の目標の基本的実現を確保する。

生態環境を損害した地方幹部に対して、終身責任を追究する。

関連ニュース:https://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2018/05/213654.php

[上海 22日 ロイター] – 中国証券監督管理委員会(証監会)は、上場企業に環境面での責任をさらに果たすよう促し、グリーンファイナンス(環境金融)を推進、新規株式公開(IPO)や企業合併の審査で環境問題をより重視する方針を明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です