【中国】工業情報化部が工業省エネ・グルーン標準化行動計画を発布

2017年5月25日に工信部(工業和信息化部)より、《工业节能与绿色标准化行动计划(2017-2019年)

》が発布されました。※成立日は、2017年5月19日

原文 ⇒ http://www.miit.gov.cn/n1146295/n1652858/n1652930/n3757016/c5660058/content.html

「工业节能与绿色标准化行动计划」は、日本語では「工業省エネ・グルーン標準化行動計画」となりますが、2020年までの工業分野に於ける省エネ・グリーン標準の目標が記されています。

大きな目標として書かれていますが、これに則して様々な条例や標準が作られ発布されていきます。

エイジアム研究所からも日本語にて本件について記事が配信されています。

エイジアム研究所 ⇒ http://www.asiam.co.jp/news/detail.php?id=8511

省エネ・グリーン標準に関して300本の重点標準を制定すると書かれています。

最近は環境対策の方に企業は追われていますが、省エネ分野に関しても今後は対策を迫られる事になるのでしょう。    環境  規制  大気  排水  騒音  土壌  違反  日系

当社は2016年の実績により、上海市省エネ環保服務業協会より信用等級証書を今週受け取りました。

ランクは、AAAが最高位でBが最下位となりますが、基本的にA以上は政府系企業が取得されてますので、外資企業としてBBBが取得できたのは良い方だったと思っています。

日系企業では唯一当社のみが本証書を持つ企業となっており、省エネ補助金申請など各種手続きの際には役立つ証書となります。※上海市省エネ環保服務業協会は当然ながら上海市政府の管理下で設立された協会です。

環境に関するご相談の方が多くなっておりますが、最近は省エネに関する相談も少しづつ舞い込んできています。

当社は上海市政府より、省エネ・環境の専門サービス企業として批准を受けておりますので、政策に則したサービスをお客様へ提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です