【中国】2017年第一四半期の環境問題通報状況

情報元:http://news.sina.com.cn/o/2017-05-04/doc-ifyeycte8592118.shtml

2017年1月から3月までの第一四半期で、環境保護部門へ8万8,131件の通報がありました。  土壌 排水 騒音 測定 調査 コンサル 

電話による通報が6万3,080件、SNS(微信)による通報が1万5,193件、PC(ネット)による通報が9,858件となっており、通報のうち受理された件数は8万1,090件でした。

通報された案件の約92%が受理された計算となります。

以前よりブログでも警笛を鳴らし続けていますが、中国では徹底して環境に関する取り締まりを強化しています。

上海市でも3月には503件の企業が摘発されており、その内の11社日系企業でした。

大手の日系企業が毎月のように摘発されてますが、つい最近も日系大手企業が上海市環境保護局のホームページ上にて違反事例として詳細を紹介されています。

情報元:http://www.sepb.gov.cn/fa/cms/shhj/shhj2060/index.shtml

黒塗りしたところが日系大手企業の違反内容を紹介する箇所です。クリックすると、法定代表人の氏名や罰則内容など詳細に記載されています。

危機を煽るようなブログにはしたくはないのですが、あまりにも無防備な状況が多くの企業で続いていますので、真剣に環境対策について考えて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です