「上海市汚染物排出許可管理実施細則」の申請手続きについて

本日、2017年4月30日より施行されます沪环规[2017]6号「上海市汚染物排出許可管理実施細則」の申請手続きフローは以下のようになります。

osenbutu

注1:申請書類  市环保局关于印发上海市排污许可证管理实施细则的通知

① 汚染物排出許可証申込表

② 汚染物排出企業の法定代表人或は責任担当者が署名捺印した承諾書

③ 汚染物排出口及びモニタリング箇所などの説明

④ 建設プロジェクト環境影響評価書類及び政府機関意見書、或は地方政府が法律に基づき整頓し作成した、要求を満たした関連証明資料

⑤ 汚染治理設備の‘三同時’の証明資料

⑥ 汚染処理設備の運行及びメンテナンスのマニュアル

⑦ 現時点の汚染物排出量、及び計算方法と計算根拠の説明

⑧ 新設プロジェクトがある汚染物排出企業でプロジェクトに変更が発生する場合には(ただ、重大な変更には属さない)、資格を持つ環境評価機構がまとめた状況変更説明の環境影響分析報告書

⑨ 汚水集中処理施設の場合には、汚水収容の範囲と企業リスト、排水配管や最終排出方向の説明書類

⑩ 事前情報公開の状況説明

⑪ 規範要求を満たす自行モニタリング、台帳記録、情報公開方案

⑫ 法律に規定された、その他の資料

以上

多くの日系企業が申請に必要な要件を満たしていない現実があります。環境部門の査察が入ってからの対策では手遅れとなり、違反事実が環境部門のホームページで公開されます。

申請手続きでは専門的な知識が不可欠となり、大気、排水、騒音などは許可を有する第三方の測定機関が測定したデータなども用意しなければならず、更に基準に適合していない汚染物の排出がある場合や適した環境対策設備が設置されていない場合などは速やかに改善処置を施さなければなりません。

法令により定められている様々な基準の把握が必要とされ、自社内のみでの対応は困難となるでしょう。 土壌 調査 

2017年4月30日より施行される沪环规[2017]6号《上海市汚染物排出許可管理実施細則》の第33条でも上海市の方針として、「汚染物排出企業が汚染物排出許可証を執行管理するためにコンサル、監測、監理、環境施設建設の運営、治理等、一体化の環境サービスソリューションを提供する専業の第三方環境サービス企業に委託することを推奨する」と書かれています。

リンク188

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です