中国、3分の2以上の企業が環境規則に違反

yahoonews

情報元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000057-reut-cn

中国でのニュース:http://finance.sina.com.cn/stock/hkstock/marketalerts/2017-04-21/doc-ifyepsra4982171.shtml

「中国の環境保護省(MEP)は21日、環境問題対策の一環で調査した中国企業のうち、3分の2以上が環境規則に違反していたと発表した。」とのニュース記事が4月21日に配信されました。

対岸の火事ではなく、中国に進出している日系企業も同様に関係する重要な話題です。

上海市では環境法令違反企業の公開を毎月行っていますが、必ず日系企業も摘発を受けています。

今年に入ってからも、上海市では1月に5社、2月に5社、3月には11社の日系企業が環境法令違反で摘発を受けています。この中には上場企業も多く含まれています。

数百社が毎月摘発を受けており、その中で日系企業の比率は決して大きくはありませんが、これは逆に言うと「日系たたき」と捉えるのではなく、公平な取り締まりの結果と見るべきでしょう。

中国政府系の企業も多く摘発を受けており、聖域ない取り締まりを今は行っています。

摘発を受けた日系企業には共通した大きな問題点が存在します。

それは危機意識の欠如です。

上海市では4月30日より新たな汚染物排出許可証の制度が始まりますが、これも急ぎ対応をしなければ多くの企業が更に摘発を受ける事になるのでしょう。※以前の汚染物排出許可証制度はこの時点で即時廃止となります。

上海市环境保护局关于印发上海市排污许可证管理实施细则的通知

http://www.shanghai.gov.cn/nw2/nw2314/nw2319/nw12344/u26aw51879.html

新たな汚染物排出許可書は全ての製造工場が対象となりますが、手続きは専門家に相談して進めなければ非常に困難な作業となります。

現時点の大気測定、排水測定、騒音測定などは必須作業となりますので、許可を有した信頼できる第三方機関にて測定作業を行わなければなりません。

環境測定作業や新たな汚染物排出許可証取得サポート業務を当社は行っておりますので、お気軽にご相談ください。

リンク188

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です