【中国】大気測定・水質測定・土壌調査

最近は、環境調査(測定)のご依頼が急増しています。

一番多いのが大気汚染関連のVOC測定依頼ですが、土壌調査のご依頼も増えてきました。

他にも、悪臭、騒音などの測定依頼も入ってきており、やっと企業も現状把握の必要性を感じてきたようです。

人間の健康診断と同じように、工場なども定期的な診断は必須です。

健康体だと思っていても健康診断で思わぬ病気が発見されたりしますが、工場も同様に正常に運営していると思っていても、環境法令違反を犯しているケースが多くあります。

専門家の調査・測定により客観的なデータを入手し、それにより対策を講じる事が重要です。

稼働している工場で調査・測定しておく必要のある項目は以下のようなものがあります。

・排水分析、大気(ボイラー排気、VOC排出)測定、土壌調査、騒音測定、悪臭測定など

また最近では清潔生産(労働安全衛生)についても強化されてきており、室内の作業環境についても指導強化されてきております。

室内の粉じんやオイルミストなどの対策も急務となります。

当社(STECO)は上海市第三方環境治理産業連盟に加盟しており、測定機関などとも連携して日系企業向けに日本人管理者と中国人担当者の双方にわかりやすい対応を心掛けています。

sanpo1 sanpo2 sanpo3 sanpo4 sanpo5 sanpo6

上は上海市第三方環境治理企業連盟のリストですが、加盟企業・団体数は56となりますが、その内の半数以上は政府関係機関、大学などとなっています。

リンク188

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です