STECOの中国工場再生プログラム

日々高騰を続ける人件費とエネルギーコスト。。。

経営者の悩みは、如何に「コストを下げるか」と言う事ではないでしょうか。

入れ替え、故障、修理など生産に関わる「設備コスト」

電気、ガスなど生産に必要な「エネルギーコスト」

適材適所に見合った「人材コスト、人件費」

これらのコストに無駄がないと言い切れますか?

ほとんどの工場には大きな無駄が存在しています。

しかし、これらはしっかりマネジメントを行えば、「大幅削減」が可能なのです。

売上を上げても利益は数十%に過ぎませんが、コストの削減はそのまま100%の利益となります。

「STECOの工場再生プログラム」には数々の成功例があります。

既に弊社のマネジメント・サービスを受けた企業の90%が何らかの大きな利益を得ています。

まず以下の事について自問自答してみて下さい。

御社には、本来あるべき正しい設備が設置されていますか?

そしてそれらは、正しい維持管理がなされていますか?

設備調達においては、専門家の監査は行われましたか?

日本と同じやり方では、結局「安かろう悪かろう」から解放されることはありません。

これまでのように社内のチェックだけでは、問題の本質は変わりません。

中国は日本とは大きな構造的違いがあります。ここに、「STECOの工場再生マネジメント」を行う理由があります。

自らでは気付かない、そして解決できない問題を、外部からの鋭いマネジメントを通して解決することができるようになり、省エネ推進・環境改善も同時に達成できます。

まず、STECOの「工場再生マネジメント」を採択して下さい。

弊社独自の「工場再生プログラム」に従って、強力に改善活動を進めることができるようになります。これまでの悪習を完全に払拭し、健康な体質を取り戻して健全経営、増収増益体制に切り替えましょう!

■ お客様からの声(成功事例から一部抜粋)をご紹介いたします。

1.付帯設備や空調機などの入れ替え、更新、故障修理などの見積もりの正確さや妥当さなどに悩まなくなった。

以前は、設備部や購買部より上がってくる支払い申請を承認するに当たり、必要性と妥当性について部下に聞いて判断するしかなかったが、STECOに委託して後は専門家のオピニオンを聞きながら、自社にとって必要な物なのかそれとも先延ばししても良いのかなどの的確な判断ができるようになった。

やはり餅屋は餅屋だと実感した。

2.購買部や設備部のスタッフが業者との癒着していたが、スッキリ解決した。

購買部の部長が業者と癒着していることを疑っていたが、工場の設立当時から頑張ってくれているメンバーでもあったし、来たばかりの自分には事情が上手に飲み込めず、手をこまねいていた。

しかし、STECOに委託してからは購入の台数や量、そして価格の面で透明性が高まり、自ずと癒着が入りこむ余地がなくなっていった。

結局、一番の問題であったのは商業賄賂などの入りこむ隙間であったのであり、それを無くすことで無理なく解決できた。

3.役人や政府関係者を語る人からの突然で不思議な要求に堂々と対応できるようになった。

政策だからと言って半強制的にいろんな設備を入れろとか専門業者に委託して調査するようにという要求があり、どう対応して良いか分からず自社スタッフを信じるしかなかった。突然のことが多く、予想外の支出があったのだがどうもスッキリしないことが多かった。

しかし、STECOに委託してからは、政策の動向、対応の必要性などが明確になったため、断れることは断るし、対応策が必要な場合は政策に則って自ら選択した方法が採択できるようになったため、無駄な労力を使うことがなくなった。

4.設備の突然の故障、予想外の修理費が大きく削減された

予防保全をしていなかったため、重要な生産に関わる設備が突然壊れることで大きな予想外支出が多かったが、設備の保全を委託したことで「突然」ということが無くなった。

更に、「生産のためには緊急に対応しなければならない」という余裕のない無駄な判断をする必要が無くなったことが大きな進歩であり、設備の責任を信頼できる企業に任せたことでリスクが大きく減少した。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です