2015年は改革の年!

年末年始はセミナーなどの講演が続き移動の連続でしので、しばらくブログをお休みしておりました。

本年も日本の優れた省エネ・環境技術(製品)を中国(東南アジア)へ普及する為に尽力していきたいと思います。

中国では1月1日より新環境保護法が施行され、既に現場では様々な変化が起きてきています。

四川省では本年より約6万5千カ所の公共施設は合同能源管理(EMC)手法にて省エネ化を進めるよう通達も出されました。

これは「腐敗防止」を目的としてと政府通達にも書かれています。

企業も同様ですが、購買部門などと業者との癒着を防ぐ為に合同能源管理方式を採用していく流れとなるでしょう。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です