中国共産党が日本を評価・・・環境問題克服は、「市民の力・地方の力・法整備と厳格な適用」

2014122401

ニュースソース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141224-00000033-scn-cn

非常に興味深いニュースです。

中国共産党中央党校の機関紙である学習時報に環境問題克服で日本を評価する記事が出ましたが、この中で日本の選挙制度の事が書かれています。

2014122402

学習時報HP → http://www.studytimes.cn/shtml/xxsb/20141222/8594.shtml

日本的国家体制使地方革新自治体在处理公害问题时走在中央政府的前面。地方公共团体有 管理其财产、处理事务及执行行政之权限,其首长、议会议员及法律所定之其他官吏,由住民直接选举。这样的体制安排使地方政治人物直接面对住民的诉求,并在 第一时间做出反应。因此,面对当地出现的公害问题,东京都、大阪府、神奈川县等地方自治体都迅速出台了自己的工场公害防止条例,然后推动中央政府制定法律 和环境标准。

ヤフーニュースでは書かれていますが、以下のような事を書いています。

「(日本では)地方の首長、議員、法が定めるその他の官僚は、住民の直接選挙で選ばれる。このような体制により、地方における政治にたずさわる人物は住民 の訴えに直接向き合い速やかに対処することになる。従って、東京都、大阪府、神奈川県など地方自治体は速やかに公害防止条例を制定した。(地方の動き が)中央政府の法や環境基準制定の後押しをすることになった」

この箇所だけを読み取ると、地方政治にたずさわる人は直接選挙により選ばれるので、地域住民の訴えに直接向き合い、速やかに対処する。

何を意図して書いた記事かは定かではありませんが、直接選挙を容認しているようにも読み取れます。

ヤフーニュースの解説でも以下のように書かれております。

しかし中国で、「中央政府とは立場が異なる地方政府が出現し、環境問題の改善で実績をあげる」ことは、少なくとも現体制下では考えられない。学習時報がどのような意図で「体制と環境問題」にまで触れたかは不明だ。

体制を改革する考えなのでしょうか?

最近では京津冀や长三角など、地域をまとめて管理する方向には進んでいますが、地方分権を加速していくのでしょう。

いずれにしても、環境問題(省エネ・CO2削減)は中国が直面している大きな課題です。

政府方針や法令・条例などは頻繁に発布されていますので、中国で事業を行っている日系企業の皆様は常に情報収集を怠らないよう気を付けて下さい。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です