日中報道の違い

昨日のブログで紹介しましたが、6月13日に北京で行われた「中央财经领导小组第六次会议」で習近平が発言した内容について、日中の報道の違いを改めて感じました。

613

上は中国の検索サイト「百度」で、「能源生产和消费革命 习近平 中央财经领导小组 6月13日」と言うキーワードを入れてヒットした数です。

まだ一週間も経っていない情報ですが6,410,000件もヒットしました。

これは何を意味しているかと言うと、ご存じのように中国は報道をコントロールしている国で、共産党の方針に従い国内報道は行われています。

一週間も経ってない情報がこれだけ多くヒットすると言う事は、この習近平の発言を共産党指導で拡散している事になります。

CCTV(中国中央電視台)も異例の長さで6月13日に習近平が発言した内容についてニュースを流しました。

中国ではビックニュースなのですが、日本ではと言うとアメリカの大手総合情報サービス会社のブルームバーグ日本版で本ニュースを取り上げたくらいです。

0613

ブルームバーグニュースソース → http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N78GKI6JTSEM01.html

昨日のブログで紹介したように、6月13日に習近平は5点の要求を発言しました。その翻訳作業が終わりましたので下記ご参照ください。

----------------------------------------

第一 推动能源消费革命,抑制不合理能源消费。坚决控制能源消费总量,有效落实节能优先方针,把节能贯穿于经济社会发展全过程和各领域,坚定调整产业结构,高度重视城镇化节能,树立勤俭节约的消费观,加快形成能源节约型社会。

第一 エネルギー消費革命を推進し、不合理なエネルギー消費を抑える。エネルギー総消費量をしっかりコントロールし、節能優先方針を確実に定着させる。節能ということを経済社会発展の全過程と各領域に徹底し、産業構造調整、都市化省エネを高度に重視し、倹約的な消費者態度を樹立し、省エネ社会の形成を促進させる。

第二 推动能源供给革命,建立多元供应体系。立足国内多元供应保安全,大力推进煤炭清洁高效利用,着力发展非煤能源,形成煤、油、气、核、新能源、可再生能源多轮驱动的能源供应体系,同步加强能源输配网络和储备设施建设。

第二 エネルギー供給革命を促進し、多元供給システムを構築する。国内能源供給の多様化を通して安全性の確保を原則に、積極的に石炭のクリーン化と効率的な利用を促進し、非石炭エネルギーを発展させる。石炭、石油、ガス、原子力、新エネルギー、再生可能エネルギー等の多種能源供給をシステム化させる。それと同時に、エネルギーの伝送流通網と貯蔵施設を建設する。

第三 推动能源技术革命,带动产业升级。立足我国国情,紧跟国际能源技术革命新趋势,以绿色低碳为方向,分类推动技术创新、产业创新、商业模式创新,并同其他领域高新技术紧密结合,把能源技术及其关联产业培育成带动我国产业升级的新增长点。

第三 エネルギー技術革命を推進し、産業のグレードアップを駆動する。我が国の国情に合わせ、国際的な能源技術革命の新潮流に従い、グリーン低炭素の方向に向かい、技術革新、産業革新とビジネスモデル革新を促進し、他領域のハイテク技術と緊密に結合させながら、能源技術及び関連産業を育成させることで、産業のグレードアップにとっての新たな成長点になるように発展させる。

第四 推动能源体制革命,打通能源发展快车道。坚定不移推进改革,还原能源商品属性,构建有效竞争的市场结构和市场体系,形成主要由市场决定能源价格的机制,转变政府对能源的监管方式,建立健全能源法治体系。

第四 エネルギー体制の革命を推進し、エネルギー発展ハイウェイを開通させる。確実に改革を推進し、能源の商品性を発揮して、効果的且つ競争的な市場構造と市場システムを構築し、主に市場主導によりエネルギー価格が決定されるような仕組みを形成する。政府のエネルギー監督管理方式を転換し、健全なエネルギー法治体系を作り出す。

第五 全方位加强国际合作,实现开放条件下能源安全。在主要立足国内的前提条件下,在能源生产和消费革命所涉及的各个方面加强国际合作,有效利用国际资源。

第五 全方位的な国際協力・交流により、開放条件の下でのエネルギー安全性を実現する。主に国内でという前提の下、エネルギー生産と消費に関する各領域に国際協力・交流を強化し、国際資源を有効利用する。

※社内での簡易翻訳ですので、翻訳の精度については保障するのもではありません。

----------------------------------------

上記の発言内容が共産党指導で報道各社に拡散されている現状を考えると、この発言内容は今後中国の環境・省エネなどエネルギー問題に対する明確な方向性を示したと捉えるべきでしょう。

5月29日、6月11日のブログでも紹介しましたが、2015年末に中国は環境・省エネサービス産業を4.5兆元(73兆円)の産業にする事を明言しています。

5月29日ブログ → http://steco-blog.com/shimizu/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9/1785.html

6月11日ブログ → http://steco-blog.com/shimizu/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9/1832.html

5月15日に国務院より発布された「2014-2015年节能减排低碳发展行动方案」にて明確に記されています。※6月11日ブログ参照

73兆円の巨大な産業を構築する強い意志表明を国の最高指導者である習近平が行った訳ですので、これは日本にとっても大きなビジネスチャンスと見るべきです。

このような経済に大きく影響するビックニュースをまったく報じない日本のメディアは、いったいどこを見て仕事をしているのでしょうか。

明日(6月21日)には、国务院新闻办公室より“创新引领服务提升——节能环保产业在国民经济中的地位升级 ”の新聞発表会が行われます。

環境・省エネサービス業を強大にする事を政府に変わり発信するのでしょう。

詳しくは2~3日後にブログで書こうと思います。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です