【中国】就労ビザ制度の変更

2017年4月1日より、中国では就労ビザ制度が新しくなり、従来の「外国専門家来華就業許可証」と「外国人就業許可証」は名称が統一され、「外国人就業許可通知」となりました。それに伴い、従来の「外国専門家証」と「外国人就業証」も統一され、「外国人就業許可証」となりました。

私もビザが6月30日で切れる為、現在新たな制度に従い更新手続きを行っております。

今年の1月初めに前代未聞! 中国が始める外国人「ABCランクづけ」制度と言うタイトルで配信された記事により、中国で働いている多くの日本人が動揺しました。  環境 規制 違反 測定

⇒ 「前代未聞! 中国が始める外国人「ABCランクづけ」制度」

 それなりに立場のある方より配信された記事ですので、この内容を信じて困惑された方も多いのでしょうが、かなり偏向した内容で記事は書かれており、現実は少し異なります。  大気 排水 騒音
これについても、「「中国が外国人を能力でランク付けし在留制限」記事の誤解」と言うタイトルで、著名な中国人ジャーナリストの莫邦富氏が正しい情報を配信されています。  日系 対策
 
かくいう私も1月の記事を見た後に自身の点数付けをしてみたら、見事に「C」ランク。。。
まあ、何とかなると思いながら現在手続きを始めました。
結果としては、「A」ランクを取得できました。
要するに点数だけではなく、他にもしっかりと判断基準が設けられており、「A」ランクの他の判断基準に合致したと言う事です。
「A」ランクのその他の基準は、以下のようになっています。

・国内の人材誘致計画に選出

・国際的に公認された専門業績の認定基準に合致

・市場動向に適した奨励類ポストで必要とする外国人人材

・革新起業人材

・優秀青年人材

おそらく、市場動向に適した奨励類ポストか、革新起業のどちらかと認定されたのでしょう。

いずれにしても、以前より就労ビザを持っておられる方にとっては右往左往するような事では無く、あくまでも新たに中国で就労ビザを取得する方にとっては以前よりハードルは高くなると理解すべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です