【中国】端午節

今日は旧暦の5月5日で、中国では一昨日、昨日、今日と「端午節」のお休みとなっています。

日本には「五節句」といって季節ごとに健康や繁栄を祈念するの行事がありますが、その一つである「端午の節句」は中国の「端午節」が由来となっています。 環 規制 違反 大気 排水 騒音

古来より中国では物忌(ものいみ)の月(5月)は厄払いの行事が盛んに行われており、端午の「端」は「はじ、最初」の意味で、5月の最初の午(うま)の日に行われる「節」という意味だったようです。最初は必ずしも5月5日ではなかったようで、午(wǔ)と五(wǔ)の発音が同じことからこの行事は、やがて5が重なる重五の日、つまり5月5日に大切な厄払いの日として定着したようです。

日本では奈良・平安時代に「五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)」が取り入れられ、当時貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓(はら)う大切な行事として、よもぎ・菖蒲(しょうぶ)などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に馬から弓矢を射たりしたそうです。       日系 摘発 省エネ ESCO 

古代中国では、「端午の節句」の日に人々は蘭の湯に浸かり、薬草である菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に日本の宮中から鎌倉の武家社会へと拡がります。特に武士は菖蒲を「尚武=武をたっとっぶ」とかけて、5月5日を尚武の節目の行事とし、盛んに端午の節句を祝うようになります。やがて江戸時代に入ると、幕府は5月5日を重要な日として定めます。5月5日には、大名や旗本が式服でお祝い品等を携え、江戸城に出向くようになります。これ以降、武家に男の子が生まれると、門前に馬印(うまじるし)や幟(のぼり)を立てて男児誕生を衆々に知らせお祝いました。当時、男児の誕生はとてもめでたいことでしたから。これらの風習は、やがて裕福な庶民の間へと拡がりを見せます。庶民は、幟(のぼり)旗を立てることは許されていなかったので代わりに鯉のぼりをあげるようになります。やがて庶民は、端午の節句に、鯉のぼりだけでなく紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などに発展していきました。

引用先:http://koubou-tensho.com/note/?p=287

日本の「こどもの日」となっている5月5日は、このように中国から由来した歴史があるのですね。

いずれにしても、日中は古くより密接に関係していたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です