「海賊版」が多すぎる!・・・中国の「ECサイト」で売られている商品の実態

昨日より中国では大きく取り上げられています。

日本でのニュース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000018-scn-bus_all

国家工商総局の声明に対して、昨日アリババ側が国家工商総局を訴えると言う行動にでました。

http://world.huanqiu.com/hot/2015-01/5533970.html

総論でアリババは何と言っているかと言うと、この問題は自分達だけの問題では無く社会構造の問題であり、国家工商総局の対応も問題があると言っています。

良いのでしょうか? 喧嘩売ってしまって。。。

今回の件、客観的に違った側面で見てみましょう。

まず、VIE問題。

http://textream.yahoo.co.jp/message/1009984/a5bda5ua5ha5pa5sa5af/1/2000456

外国資本が多く入っているアリババが、中国内で偽物販売の仲介をして儲けている。

と言う事になるでしょう。

当局としては、規制を行っても外国資本家が困るだけとの見方をするように思います。

この先は、税徴収の問題等もネット通販は抱えていますので更なる動きがあるでしょう。

当社業務の省エネ・環境改善等も数々の規制が強化されてきています。

腐敗防止に対する厳しい取組みなど、習近平体制に入り過去とは異なった執行制度になっています。

中国へ進出している日系企業も法に則した対応が真に求められる時代となりました。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です