上海日本人学校のスクールバス問題

公安より市指定のバス以外は禁止の通達が出たようです。

この問題、3年前から上海市指定のバスに統制するよう言われてたんですね。

「チャイナリスク」とか、「また突然に」と言われている方が多いようですが、放置していたにすぎない問題のようです。

当社の業務でも同様ですが、省エネや環境改善についても意識の乏しい企業が未だに多く存在しています。

法の執行制度が厳しく変化している中国です。

今までは放置されていただけです。

いつもながらですが、環境保護法改定に絡んだ便乗詐欺被害が出ています。

ボイラーの排気測定など、当社のように政府より批准を受けた第三方機構や日系メーカーの三浦工業さん等へ直接相談して下さい。

適当な測定をし法外な費用を取る偽物の測定業者が横行しています。※社内の人間が手引きしている場合がほとんどです。

そろそろ目を覚まして欲しいところです。

リンク1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です