【中国】蘇州にてセミナー開催

5月10日に蘇州にて開催されますLTグループ主催のセミナーにて当社総経理の江頭が講演させて頂きます。  環境 規制 セミナー 日系

テーマは「環境対策の強化により、操業停止に追 い込まれるリスク回避」となっており、環境対策の強化により、操業停止に追い込まれるリスク回避(2018両会 から見えてくる政策と企業の取るべき対策)の内容にて講演を行います。

【中国】合同節水管理による排水のリサイクル

中国全土で水の総量規制が加速しており、生産事業所では今までのように水が使えなくなってしまう恐れが増えてきました。また、事業拡張などで生産工程を増やそうと思っても「水」使用の制限が厳しくなってきており、事業計画にも影響を及ぼしています。

江蘇省の太湖周辺地域などでは既に厳しい水の総量規制が始まっており、進出している日系企業も対策を急がなくてはならなくなっております。

当社ではすでに「合同節水管理」方式にて排水のリサイクル事業を展開しておりますが、中国ならではの優遇政策もある関係で最近はお問い合わせが急増しており、今後は需要が大きく伸びると予測しております。

以下で実際に合同節水管理を行っている事例をご紹介します。

初期投資無しで排水のリサイクルが可能です。

「合同節水管理」方式は、日本で省エネで活用されているESCO(エスコ)方式を節水に応用した中国独自の仕組みです。

水の総量規制などでお悩みの事業所は、ぜひご相談ください。

【中国】ジェトロ上海ニューズレター2018年3月下期号

本日、ジェトロ上海ニューズレター2018年3月下期号が配信されましたが、3月21日に開催され当社の江頭総経理も講演させて頂きました「中国華東地区の環境規制対策セミナー」の講演資料を公開してますので、ご紹介致します。

・セミナー資料の公開

1)「中国華東地区の環境規制対策セミナー」
(3/21 於:上海国貿ビル、開催済み)
以下のURL使用した一部の資料をダウンロードできます。

1.「中国環境問題の現状」
ジェトロ上海事務所 経済信息・機械環境産業部 部長 原 健太郎
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/1.pdf

2.「待ったなし!環境対策!(中国政府の環境政策と企業の対策)」
上海清環環保科技有限公司 総経理 江頭 利将
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/2.pdf

3.「中国環境対策動向〜環境NGO IPEとは〜」
SGS 北東アジア・事業開発部 シニアマネージャー 古川 智史
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/3.pdf

4.「環境問題に関する行政処罰及び訴訟事例について」
上海リーグ法律事務所 弁護士 朱 暁音
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/4.pdf

5.「ボイラーの環境規制」
三浦工業(中国)有限公司 上海分公司 総経理 山本 孝治
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/5.pdf

6.「廃水に関する規制」
旭化成(株) 膜水処理事業部 波多野 康弘
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/6.pdf

7.「土壌汚染規制の最新動向と対応策」
上海化工研究院 土壌環境修復工程技術中心 技術顧問 吉田 憲幸
https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180327/7.pdf

【中国】早急な対応が求められる環境問題および安全生産問題

一昨日、JETROより「早急な対応が求められる環境問題および安全生産問題」の調査レポートが配信されました。

出典元 JETROホームページ:https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/5d81856217ac4363.html

最近ではサプライヤーの環境法令違反による操業停止などで、生産に影響を受けている日系企業からの相談も増えてきました。

JETROのレポートでも、以下のページでその点をピックアップして書かれています。

今までもサプライヤーの定期的な検査は各社行われていると思いますが、サプライヤーの自主申告による調査票での管理や、日本から来られる管理部門の方の訪問検査が一般的でしょう。

日本から来られる管理部門の方では現在の中国環境法令、条令、また地域による特殊な対応など把握できていません。

また、自主申告では検査とは言えませんね。

どこも検査しているつもりでいただけで、実際は現状把握はほとんどできていなかったのではないでしょうか。

法令、条令、また現場を把握した専門家でなければ正しい検査は行えません。

当社では毎週何件ものご相談が舞い込んできますが、訪問させて頂き問題が無い企業の方が少ないのが現実です。ほとんどは自覚症状の無い状態で何らかの法令、条令に違反されておられます。

昨年、私がサプライチェーンの危機について作成したレポートを以下にて公開致します。

PDF版は以下タイトルをクリックしてください。

新環境保護法施行に伴い増大するサプライチェーンに潜むリスク(TIGIIC)

【中国】環境規制対策セミナー

昨日、3月21日にJETRO上海主催にて環境規制対策セミナーが開催されました。

当社総経理の江頭も、「環境保護税と日系企業のあるべき対策」と言うテーマで講演させて頂きました。

予定の定員は70名でしたが、昨日は120名を超える方が来られていました。

厳しさを増す環境規制に対して、日系各社も真剣に向き合おうとする動きが感じ取れます。

【中国】2017年~ 環境セミナー講演実績

2017年2月11日  江蘇省蘇州市において、ジェトロ上海事務所及蘇州日商倶楽部が主催したセミナーで講演しました。「環境違反事例とその対応 ~具体例を中心に~」

2017年3月31日 上海市において、大同特殊鋼(上海)有限公司が主催したセミナーで講演しました。「厳しくなる環境規制と適切な対応について」

2017年6月20日 上海市において、上海総経理会が主催したセミナーで講演しました。「新・環境政策とその対応」

2017年7月25日 江蘇省常熟市において、  ジェトロ上海事務所が主催したセミナーで講演しました。 「新・環境政策とその対応」

2017年9月6日 江蘇省張家港市において、張家港桜会が主催したセミナーで講演しました。「どうすればいいの?中国での環境対策」

2017年9月21日 上海市において、同済国際緑色産業創新中心が主催し、ジェトロ上海事務所及び日本財産保険(中国)が後援したセミナーで講演しました。「どうすればいいの?中国での環境対策」

2017年10月3日 名古屋市において、中部経済産業局主催、ジェトロ名古屋、グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会(GNIC)の共催にて講演しました。「中国環境ビジネスセミナー」

2017年11月4日 上海市において、上海春光会が主催したセミナーで講演しました。「中国政府の環境政策:目的、動向、そして対策」

2017年11月28日 上海市において、上海日本商工倶楽部南部地域連絡会が主催したセミナーで講演しました。「中国政府の環境政策:目的、動向、そして対策」

2017年12月9日 江蘇省常州市において、常州日商倶楽部が主催したセミナーで講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と企業の対策〉」

2017年12月16日 上海市において、上海日本商工クラブ農水食品部会が主催したセミナーで講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と企業の対策〉」

2017年12月18日 江蘇省太倉市において、太倉JP会が主催したセミナーで講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と事務所の対策ついて〉」

2017年12月21日 上海市において、上海日本商工クラブ電機電子部会が主催したセミナーで講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と事務所の対策ついて〉」

2018年1月18日 上海市において、日東電工集団内部会議で講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と環境保護税ついて〉」

2018年2月8日 上海市において、ジェトロ上海事務所と地銀との交流会で講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と企業の対策〉」

2018年3月3日 江蘇省南通市において、三菱東京UFJ銀行(中国)有限公司蘇州支店と東京海上日動火災保険(中国)有限公司が主催したセミナーで講演しました。「待ったなし!環境対策!〈19全大会から見えてくる政策と企業の対策〉」

国務院機構改革の10大キーワード サービス型政府建設へ(国务院机构改革10大关键词)

(1)自然資源の監督管理:自然資源部を新設 環境全体の保護を実現(自然资源监管:组建自然资源部,实现山水林田湖草整体保护)

(2)汚染の予防・抑制:生態環境部を新設 環境保護の監督と取り締まりを統一(污染防治:组建生态环境部,统一环保监管和执法)

(3)農村振興:農業農村部を新設 「三農」問題を全面解決(乡村振兴:组建农业农村部,全面解决“三农”问题)

(4)健康中国:国家衛生健康委員会を新設 重大疾病制御や高齢化対策を推進(健康中国:组建国家卫生健康委员会,防控重大疾病并应对老龄化)

(5)公共安全:応急管理部を新設 安全リスクを防止・解消(公共安全:组建应急管理部,防范化解重特大安全风险)

(6)科学技術革新:科学技術部を再編 革新活力のさらなる発揮へ(科技创新:重新组建科学技术部,进一步释放创新活力)

(7)市場監督管理:国家市場監督管理総局を新設 総合的な法執行を推進(市场监管:组建国家市场监督管理总局,推进综合执法)

(8)金融リスク防止:中国銀行保険監督管理委員会を新設 銀行と保険の監督管理の統合で安全確保推進(防范金融风险:组建中国银行保险监督管理委员会,混业监管强筑牢安全底线)

(9)公共サービス:退役軍人事務部・国家移民管理局・国家医療保障局を新設 受益者と分野に応じた精確なサービスと保障を提供(公共服务:组建退役军人事务部、国家移民管理局、国家医疗保障局,加强不同群体不同领域的精准服务与保障)

(10)文化のソフトパワー:文化・観光部と国家ラジオテレビ総局を新設 文化事業を統一的に計画(文化软实力:组建文化和旅游部、国家广播电视总局,统筹规划文化事业)

【中国】工業情報化部が工業省エネ・グルーン標準化行動計画を発布

2017年5月25日に工信部(工業和信息化部)より、《工业节能与绿色标准化行动计划(2017-2019年)

》が発布されました。※成立日は、2017年5月19日

原文 ⇒ http://www.miit.gov.cn/n1146295/n1652858/n1652930/n3757016/c5660058/content.html

「工业节能与绿色标准化行动计划」は、日本語では「工業省エネ・グルーン標準化行動計画」となりますが、2020年までの工業分野に於ける省エネ・グリーン標準の目標が記されています。

大きな目標として書かれていますが、これに則して様々な条例や標準が作られ発布されていきます。

エイジアム研究所からも日本語にて本件について記事が配信されています。

エイジアム研究所 ⇒ http://www.asiam.co.jp/news/detail.php?id=8511

省エネ・グリーン標準に関して300本の重点標準を制定すると書かれています。

最近は環境対策の方に企業は追われていますが、省エネ分野に関しても今後は対策を迫られる事になるのでしょう。    環境  規制  大気  排水  騒音  土壌  違反  日系

当社は2016年の実績により、上海市省エネ環保服務業協会より信用等級証書を今週受け取りました。

ランクは、AAAが最高位でBが最下位となりますが、基本的にA以上は政府系企業が取得されてますので、外資企業としてBBBが取得できたのは良い方だったと思っています。

日系企業では唯一当社のみが本証書を持つ企業となっており、省エネ補助金申請など各種手続きの際には役立つ証書となります。※上海市省エネ環保服務業協会は当然ながら上海市政府の管理下で設立された協会です。

環境に関するご相談の方が多くなっておりますが、最近は省エネに関する相談も少しづつ舞い込んできています。

当社は上海市政府より、省エネ・環境の専門サービス企業として批准を受けておりますので、政策に則したサービスをお客様へ提供しています。

中国における外国人就業制度に対する改革の全面的実施について

6月4日に、「就労ビザ制度の変更」のテーマでブログを書きましたが、昨日(6月12日)JETROより詳しいレポートが配信されましたので、ご案内したいと思います。   環境 規制 違反 日系 大気

情報元 ⇒ https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/02/092e29bad932fac2.html

上記ページより、「中国における外国人就業制度に対する改革の全面的実施について」のタイトルで書かれた詳しいレートがダウンロードできます。  排水 汚染 騒音 コンサル 調査 省エネ

新制度を正しく把握するには良い資料だと思います。対応策なども書かれていますので、中国事業を営んでおられる企業の方は参考にされると良いでしょう。