最近Facebookに投稿したコメント纏め

3月28日

本気で、都市の治安維持マネジメント、企業のBCM(事業継続マネジメント)が見直されるべき時に来たな。
日本という国家、日本企業の生き残りをどう描いてくか、まさに指導者の理念と資質が問われる時になった。

しかし、議会制民主主義、代表制民主主義を採る日本の場合には、選ばれたリーダーは選挙民の総意を代表していることになっているから、国民は従うことが要求される。
日本の政治体制の場合には、これは当然のこと。

でも、それがホントに正しいのかを再度見直すべきかも知れない。朝日新書「世界の未来」<ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本主義>を読みつつ感じた。

朝日新聞が招聘した4人の学者が語っている内容だが、朝日新聞の記者が望んだ結論には決して至っていない。
今は、グローバル時代と言われるて久しいが、誰もその時代にどうあるべきかの指針を持ち得ていないのかも知れない。

3月29日

田中 信彦(たなか のぶひこ)氏
BHCC(Brighton Human Capital Consulting Co, Ltd. Beijing)パートナーによる、非常にわかりやすい中国の社会管理システムの紹介です。

氏も言っているように、こういう方法が良いとか悪いとかでは無く、中国という巨大国家を治めるにはこういう施策が一番合っているのではと私も実感します。

因みに、我が夫婦もこの居民委員会のおじさんおばさん(基本私の年齢かそれより上の方々)とは常日頃仲良くしており、ウィルス関連である住人が「あそこにどうも日本人か韓国人か分からないけど住んでるようだ。勝手に入国してきたんじゃ無いよね?」と疑問を投げかけたことを聞いた、委員会の人がうちに訪ねてきて確認に来ました。我が妻に、「ああ、ここに住んでるのは貴女たちだったのか。。。じゃ、大丈夫だ。でも夫と二人で生活していますよね?夫さん最近見えないけど、どこに行ってますか?」とのことで、色々と心配もしてくれる感じです。

以前は自宅の玄関の鍵をみて、「随分レベルの低い鍵を使ってますね。。。もっと安全性の高い鍵に変えてくださいね。」と言って来たこともあります。笑

そのときは、「いや、別にうちには高価なものないし、盗むようなものも無いですよ。」と言っておきました。ジャンジャン!

https://wisdom.nec.com/ja/series/tanaka/2020032601/index.html?fbclid=IwAR1NOhmGWLA3lm-XTrcC4JbZiUckH-esGo7KjUPNYgkNqVvl0sqlM_9Aq0M#.Xn7uzEwrKSs.twitter

3月30日

全くの同感。
さなぢさんのブログ好きです。

彼女の言うとおり、完全に世界の大部分が中国という国の本質を理解せず、バイアスがかかった五感でしか物事を判断していない。
私も全く同じ事を感じている。

そして、今ヨーロッパでは家庭内暴力も爆増するなど、自国の膿が噴出している。
そろそろ、客観的に物事を見て判断する必要があろう。

過去がどうであれ、そんな伝統にしがみついている人たちには明るい未来は無いことを。

http://sanadi.seesaa.net/article/474304108.html?fbclid=IwAR1dxXO2aw3sxFLtzPOQ9-aQsmLZdIFSJHH0eBS3ThUC6syF6PXycNNuUxo

「世界大恐慌」ってこんな感じで始まるんだと改めて納得。
1929年世界恐慌の前後歴史を紐解いてみると、どうもきな臭い臭いがするのは私だけ?
どこかの金融機関が破綻したらそれが合図だろう。

という、当たって欲しくない予見をしております。

4月1日

日本語をベースにしている情報がほとんどだから当たり前かも知れないが、全てのニュースが「日本という国家が存在するということを前提に話が進められている。」

しかしだ、欧米で死亡者が多い理由の一つに難民や移民者、貧富の格差で苦しむ人々が存在しているという事実があることに少しは言及すべきだろうし、それを知っておくべき。

国民達は、自分が苦しくなると政府がぁ、国家がぁと不平不満と要求ばかりを主張するが、それはあくまで国家が存在し、国民であるという権利を貰っているという大前提でできていることを自覚すべきだろう。

世界には、国を追われ、国籍も無く、日本人が生まれながらにして持っているものを何ら一つも持てない人々が沢山いることにも注目しよう。

彼らには「皆保険」も無ければ、安心して休むことのできる「家」さえ無い、安心して飲むことのできる、安心して手を洗うことのできる「水」も無いのだ。

ウィルスは世界の問題であり、日本だけの問題では無いことをまず第一に考えて、自分が日本人として生まれたという「宿命」にまず感謝することから始めたらどうだろう。

メディアは、朝開口一番に「日本の皆さん、こうやって我々を守ってくれる国家がある言うことに感謝いたしましょう。」から始めたらどうだろか。

純粋に疑問。。。。

えっ、皆さんもしかして「お金(貨幣)」は絶対的な価値を持っていると思ってるのだろうか?

どうも周りの人々の話を聞くとそんな風に思い込んでいる人が多すぎる。

日本円の1万円が、ずっと1万円の価値を持つと信じている人は本当に幸せな人達。

あり得ない。皆さんが持っている紙幣はただただ「お互いがお約束として刷られた紙切れ」なんですよ。。。
そんなことはビットコインも同じ。

絶対的な価値を持つ資産などありませんので、あしからず。

片やウォールストリートで最も稼ぐ人の年収は、10億円くらい。片や農業を営みせっせと人間が生きるための農作物を作る新規就農者の年収は、100万円もいかない。。。どちらが人間存続のための価値を生み出しているか?皆が言うところの「お金」が価値を代弁しないことはあまりにも明らか。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す