国運とは?

海外生活27年にもなり、子供も三人成人し、自分の仕事にも明確なゴールが見えてきた今、一番心配なのは日本という国家の運勢だ。

今手元に以下の書籍がある。

デービッド・アトキンソン氏の著書。最近出たばかり。
「はじめに」を読み始めただけでこれまで自分が思ってきた事と完全に一致している事に気づく。やはり、日本という国を客観的に見れる人は同じ事を考えるんだなと。

「はじめに」のP17にて彼はこう語る。

「後生の日本人たちがこの時代を振り返ったとき、自分たちの先祖は、こんなに先見性のある事を考えたのかと誇らしくなるようなグランドデザインを日本人たちが自らの手でつくる。」

そう、まさしく我々の年代がやらねばならないことはこのことである。

日々の生活に汲々としている場合では無い。

そんなことを考えていたら、ネットには以下のような記事が。。。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11001715-maidonans-life

ボール遊びも大声も禁止…「そして誰もいなくなった」 荒れ行く公園が問い掛けるもの

「『危ないから』と遊具を撤去し、『危ないから』とボール遊びを禁じ、『危ないから』と花火を禁じ、『危ないから』と外遊びを禁じ(中略)やがて老人たちもこの世を去り、誰もいなくなった」
「危険な場所で安全に遊ぶのが真の危機管理能力なのに」

と、子供たちに危険なことをさせず温室育ちにしてしまっている現状、また周りの大人が自己中心的になりすぎていることを嘆く記事だ。

日本全体が今このような風潮となってしまっていないか?
これでは、今後日本を担っていく若者に危機管理能力は育たないのでは。
本当に心配でならない。

今こそ、これまでの常識を打ち破り、明確なグランドデザインを示すべき時である!

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す