東京でのセミナーが決まりました。

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会主催の第96回「東京オープンセミナー」の開催が決定いたしました。

◇日 程:2019年8月27日 18:30~20:00(18:00 開場)
◇会 場 :ARICEホールディングスグループ セミナールーム

今回は、日本の本社にお務めの方を対象にしますので、中国の環境政策の経緯と今後の流れ、及びどのような組織体制にて規制や改善指導が行われているかをメインにお話しようと思っております。

<主なセミナー内容>
・中国に於ける日系企業を取り巻く現実
・中国の環境政策と監査・監督の実態
・今後の環境政策の行方と予測
・日系企業の成功・失敗実例
・日系企業の課題と取るべき対策

ぜひ、東京にお住まいの方にご紹介いただければ幸いです。
人数に制限がありますのでお早めにお申し込みください。

ご来場お待ちしております。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: セミナー | コメントする

亜細亜大学 学術リポジトリの紹介

昨年、上海にて亜細亜大学のアジア・国際経営戦略研究科が主催した上海でのセミナーにてお話させていただいた内容が、ネットに資料として挙がっていますので紹介させていただきます。

https://asia-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=17560&item_no=1&page_id=26&block_id=43

当日は、わざわざ日本から教授や有識者の方が中国の現状を見るためにツアーを組まれての上海での講演だったのですが、どんな方が参加されるかも知らずいつもどおりの江頭節で言いたい放題語りました。

これを、しっかりテキスト化してくださるなんて感激です。

よろしかったら一度ご覧になってください。PDFダウンロードできますので。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: セミナー, 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界 | コメントする

間違えやすい「環境コンサル」という言葉

よく日系企業の環境対策のためいろんな方々と打ち合わせをする事が多いのですが、最近気づいたことがあります。それは、多くの方々が「環境コンサルタント」とはどういう会社なのかを間違って理解されていると言うことです。

まずもって、横文字であることからコンサルタント自体が非常に曖昧な意味合いを持つのですが、一般的には助言者、支援者、協力者といった意味合いを含んでいるんでしょうか。

だから、何でもかんでもコンサルタント、コンサルティングと言っておけば「助けてくれる人たち」だと理解しくれると思うわけです。

しかし、こと中国に於いて「環境コンサルタント」と言った場合には文化やこれまでの経緯、そして商習慣などの違いからお互いにその意味合いを誤解している事が多い様なのです。

以下の図をご覧ください。

これが、中国に於いて環境対策を取る場合に登場してくる人物(機関)一覧となります。

そして、右側民間企業の①の事を多くの皆さんが「環境コンサルタント」だと思い込んでいるんです。これが大きな間違いなのです。彼らはあくまで資料を作成してくれる国家資格を有する民間企業にすぎず、日本で言うならば「環境専門の行政書士」当たりが良いところでは無いでしょうか。

だから、弊社へ環境対策の委託をされた企業様でも、それ以前に於いては「ちゃんと環境コンサルタントに依頼しているにも関わらず全然うまく行かないので悩んでます。」と言って弊社に相談にいらっているのです。

以下の図で説明しましょう。

赤字の「注意」で説明しておりますが、詰まるところ環境F/S(環境影響評価)作成業者の事を「環境コンサルタント」だと認識されている方が多いという事なのです。

「環境F/S(環境影響評価)作成業者」が担う仕事は、あくまで環境に影響を与えるであろう事項を確認し、それを書類として作り上げ、お墨付き(技術的に認証する)を与える事であり、各工場の問題点や課題等を抽出し、改善の指導や、設備の適不適を指導するものでは無いのです。

よって、日系企業の現地スタッフが「弊社は環境コンサルタントに依頼し、仕事を進めています。」と言われて安心してしまっては、大変な事になりかねないのです。

なぜなら、 環境F/S(環境影響評価)作成業者は現地の国家資格を持ったスタッフで構成されていることから、日本人にとっては言語の違いによる壁が高く、更に最近は仕事も増え、依頼主のことを考え親身になって対応してくれる企業が少ないからなのです。 それに、本来それは彼らの仕事では無いから依頼されてもどうしたら良いか分からない、依頼されても責任は取りません。あくまでアドバイス程度。

よって、ここに弊社の存在価値が発揮されているのです。
そのような観点で、弊社を頼りにしてくださる企業様が増えてきたのが今の現状です。

おかげさまで、大変多くの実績を作ることができました。
以下は、今年に入ってからのサポート企業様の一覧です。

最近はとみにグループ企業全体の顧問として相談に乗って欲しいというものが増えており、一グループ様では十数社の工場を一度に現状診断すると言うことも多くなりました。

今後も、現地に密着した実績を積み上げ、皆様に確実に喜んでいただける「環境対策のRYZAP」を目指して頑張ります!

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界, 事業、ビジネスの実際と真髄 | コメントする

環境査察の新ラウンド 分析

昨日の投稿で、第二回中央環境監査団が全国を巡回し始めるとお伝えしたが、今回選定された場所が何故選ばれたのかについて分析してみた。

ちなみに、NNA ASIAにも記事が掲載されている。

https://www.nna.jp/news/show/1924036

今回選定された地域は以下の通り。
何故か、海南省や甘粛省などが含まれている。
ここら辺はさほど公害というか工業系の汚染は少ないと思われるのだが、

第一組:上海市
第二組:福建省
第三組:海南省
第四組:重慶市
第五組:甘粛省
第六組:青海省
第七組:中国五鉱集団有限公司
第八組:中国化工集団有限公司

ではまず、以下の資料をご覧頂きたい。

これは、第一回中央監査団の見直し作業にて摘発された違反結果である。
これを見て頂くと分かるが、上記の海南省や甘粛省は含まれていない。
つまり、前回の第一回中央監査時にはこれらの地域は除外されており、環境汚染の実態や腐敗状況についての調査結果が存在しないのである。
よって、まずは前回見落とした場所から始めると言う意向が働いたようであり、且つ見せしめ的に重要な場所として上海市が、更には国営企業の代表株の二社が選ばれたという経緯のようである。

今後、これらの場所における環境問題と役人の腐敗問題にメスが入り、前回以上に厳しく取り締まりが行われていくようである。

各地域、担当者はいま戦々恐々としているに違いない。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: スマートユーズ, 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界 | コメントする

中国中央政府:第二回中央監査団第一陣正式発表

[[[[[[[ STECO NEW-NORMAL Magazine ]]]]]]]]   No.14/2019
==========================================
中国 環境・省エネ 対策マガジンとして再生!
==========================================
☆☆ 通算 2013年~2019年 第117号  ☆☆
【第二回中央監査団第一陣正式発表】

皆さん!環境・省エネのエガちゃんです。
如何お過ごしでしょうか?
遂に小生の大好きな7月となりました。
理由は、小生の生まれ月だからです。典型的な夏男なものなので。
上海では満喫できない「きれいな海での海水浴」に行きたい。小さ
な欲望を持っています。笑
現在、梅雨前線が中国大陸から日本へ長く伸びておりますが、突然
の大雨にはどうかご注意ください。

さて、今日は速報です!
先ほど、正式に「第二回第一次中央生態環境保護督察近日将全面起
動」という発表が行われました。
http://www.mee.gov.cn/xxgk2018/xxgk/xxgk15/201907/t20190708_708787.html

遂に、第二回中央監査団が活動開始します!
第一次監査が行われる地域は以下の通りです。

第一組:上海市
第二組:福建省
第三組:海南省
第四組:重慶市
第五組:甘粛省
第六組:青海省
第七組:中国五鉱集団有限公司
第八組:中国化工集団有限公司

それぞれの組の組長、副組長の名前も記載され、これまで以上に査
察の厳格化と役人の責任追及の度合いが増したことが感じられます。

実は、先々週、中央監査団が準備のため上海入りしたことが伝えら
れていましたが、この発表を前に査察準備は着々と進められている
ようです。

まだ明確な日程などは公示されていませんが、督察期間は約1ヶ月と
し、それぞれの組が準備でき次第開始日を公表することになるよう
です。

この通達にもありますが、中央監査団は初心と使命を忘れず、「四
つの意識」の増強、「四つの自信」の堅定、「二つの維持保護」を
成し遂げ、人民中心を堅持し、中央生態環境保護督察工作規定の要
求を誠実に貫徹徹底すると強調されています。

皆さん、万全の準備態勢を整え、監査団を唸らすくらい
の環境対策をもって良いモデルとなっていきましょう。
さあ、これからが日系企業の本領発揮の時です。

もし、何か不安要素があれば、是非お声を掛けてください。
備えあれば憂いなしです。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日本の形骸化したイノベーションと心太的人事という害悪

形骸化した日本のイノベーションという言葉は、何の刺激も未来への希望も与えません。中国は日本人の知らないところで着々と物事を進めています。日本は中途半端な民主主義と資本主義により、長期的な目標を失い、今はただ浮き草のようにあっちにふらふらこっちにふらふら状態。情けないこと極まりありません。セブンペイのあの体たらく、もうお粗末すぎて言葉が出ません。あんな問題は中国では5,6年前に既に問題として解決済み。こちらの人たちは笑ってますよ。。。悲

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47004140V00C19A7TJC000/?fbclid=IwAR3Q6UJrFhE79_fzIfHFyLrsIH3Dhfe44kDJuza7w4MYbs-nRu3DfZiUvVE

上は、今日付の日経新聞の記事。

「少年班」40年の厚み 中国のAI支える英才教育 中国総局 多部田俊輔

多部田氏の最後の一言が大変辛辣だ。

ハイテク分野の覇権を米中が競う中、日本の存在感は薄れるばかり。飛び級など英才教育は広がらず、米国への留学生も減少傾向で、日本はさらに大きな課題に直面している。

それにしても、セブンペイの社長の一言が今も頭を巡りクラクラしてしまう。
「二段階認証????」だって。
さらには、特に衝撃なのが、最後の方に『二段階うんぬん、というの』とか言っててこれ完全に初めて聞いたと言うことの証左。

まったくもって、恥ずかしくて。。。
どうしようも無い。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界, 事業、ビジネスの実際と真髄 | コメントする

ズレている!?

今日は、最近気になった話題を二つ紹介。

一つはこの本。中国、韓国、ドバイの大使館勤務をされた道上氏の著書。
※ちなみに、この本最近上海図書館から借りてきて拝読中。貸し出しは無料。
この内容を読んで、同感できない人は海外での経験が乏しいと自覚すべきでしょう。氏の言われていることは全くの事実。
日本人にとってはちょっと頭のいたい言葉が多いでしょうが、閉塞感のある日本を脱出させるにはこのくらいの事をハッキリと言う必要があると思います。

次に見かけたブログの紹介

http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/10472?fbclid=IwAR2GLjqMzWxaiyD_UE7dWocdAQ8jjOp1IiIW–lQRWbkaoQ7mAn_UEMECaQ

立教大学
中原研究室 のブログです。

大変辛辣なことが書かれています。

組織のなかで死んでいくのは「ゆでがえる」ではなく「オタマジャクシ」であるという「ホラームービー的現実」!?

なんともおどろおどろしい題目ですが、言っていることは至極真っ当なことです。

組織変革本ではよく知られている「ゆでがえるの悲劇」を更に現場の実情に合わせてもっと現実に即した寓話に変えた感じです。

老獪なカエルは、あと数年すれば、問題を何一つ解決しないまま、鍋の外に自分だけ出してもらえます。
 そして鍋のなかに残されるのは・・・次の世代(若い世代)=オタマジャクシです。

確かに。。。。今のこの閉塞した日本で死んでいくのは「オタマジャクシ」である若い人々なんです。

我々が彼らに希望を与えることができなかったら何を残すのでしょうか。
この二つの話題は、大変心に響きました。
今日から私も心して改革に参与します。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界, 事業、ビジネスの実際と真髄 | コメントする

日本でも中国のゴミ分別収集の事が少しずつ話題に。。。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakajimakei/20190701-00132268/

こちらは、ジャーナリスト中島恵さんの記事。
確かに、今日から正式に法律上は施行されることになった。
ただ、早いところはもうかれこれ3ヶ月ほど前から試行されており、ずいぶんと私も慣れてきたところだ。

ところが、当然のごとく、これまでこういう習慣(日本だって私が小学校の頃は無かった)が無かったため、困惑している人が多く、酷い場合は捨てることが億劫になりマンションのドアの前にゴミを放置なんていう光景もちらほら。

仕方ないでしょう。
そういうお国柄でしたし。
掃除は掃除を担当する人がやること。皆が自主的にやることでは無いという習慣なのだから。
こういう習慣は、実は南米も同様で、アルゼンチンでは好き勝手に道路にゴミを捨てても誰も文句を言わない。なぜなら、それを掃除する人がちゃんといるから。

私もよく彼らに注意したけど、帰ってきた返事は「だって、掃除夫の人たちの仕事を減らしちゃダメでしょう」とのこと。開いた口が塞がらないとはこういうことを言うのだなと正直思った。

さて、話は中国。
さあ、この習慣根付くでしょうか?
大部分の日本人は「無理だろう」と思っている事でしょう。
しか~し、私はここで予言しておきます。
一年以内に日本人がビックリするほど、ゴミ環境は変わっている筈です。
まあ、蓋を開けて見てみましょう。

なぜなら、中国政府は「性悪説」社会の管理手法をよくよく知ってるからです。
もともと中国人が移住していったシンガポールをご覧ください。
どうなっていますか?
タバコだって勝手に持っては入れないんですよ、あちらは。

理由は簡単。
すべて処罰があるからです。
それも金銭的な。
これがすべてのコツです。

キリスト教圏では、お金では無く神様が動機となりますが、共産主義国家の中国では「お金」が動機となるのです。

間違いなく、一年もあれば大きく変化することでしょう。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界 | コメントする

リスク対策.com 第三弾

https://www.risktaisaku.com/articles/-/18155

リスク対策.comでのコラム第三弾

今回は、性悪説の社会で如何に戦うかの鉄則について紹介

副題が「中国でも賄賂は悪、排除へ取り組みを」となってますが、これはもう現実になっています。今、どんな手を使ってもなかなか正面から賄賂を渡すことはできません。ましてや日本人や外国人がそんなことをしようとしたら強制退去を命じられます。

「全くなくなったのか?」と質問されれば、答えは当然「NO」でしょう。
しかし、海外とのビジネスにおいてはほぼ皆無ですし、中国の大手企業ではそんなことを許さない年代のメンバーが主なる構成員となっていることから、自然に淘汰されているのが現状。

40代後半から50代の社員達は、既に職を追われ、悪弊の元凶だったメンバーも姿を消しつつあります。

良いことです。

日本人、日系企業にとっては朗報でしょう。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夢はあるのか?

大学時代にコピーバンドをやっていて、そのときに沢山カバーさせてもらったのがBOOWY。その中で一番好きなのが、Dreamin’。

54にもなろうというオッサンが今更「夢はあるのか?」などと言うのはこっぱずかしい気もするが、夢の無い人生は生きている意味が無いと思ってきた本人にとっては、今も夢を追いかけながら生きている。

この歌詞を見て欲しい。
今の日本がまさしくこんな状態じゃ無いか?

ボルト&ナットの仕組みで組み込まれる街で爆弾にはなれない。
よくできた落ちこぼれはすぐ外れ、いつからか番号だけで呼ばれ。
汗の匂い信じない言葉に棘も無い、悪びれないスペアマン
右へ倣えで落ち着き一日を選べない、人形とも違わない

情けない。。。
こんなやつばかりになった温室状態の日本。。。

当時20代そこそこの田舎生まれで東京に出てきた本人にとって、Dreamin’の歌詞は心に突き刺さった。
この曲を聴きながら何度「俺は絶対にスペアマンにはならないぞ!」と思ったことか。
だから、大学を卒業しても就職はしなかった。スペアマン(サラリーマン)には絶対になりたくなかったから。
自分に約束したからそれは貫き通す。
ここまでそれを続けてこれたのは、いろんな方の応援のお陰だが、どんな場面でもくじけること無く来れた自分がいなかったら、応援してくれた人々もガッカリさせてしまったことだろう。だから、これからも
I’m only dreamin’ for me and for my family and family! 

BOOWY/ Dreamin’

Dreamin’ アスファルト泥だらけの靴あふれ
Dreamin’ 灰色の風から俺たちは生まれ
ボルト&ナットの仕組みで組み込まれる街で
爆弾にはなれない Oh No!

Dreamin’ よくできた落ちこぼれはすぐ外れ
Dreamin’ いつからか番号だけで呼ばれ
汗の匂い信じない言葉に棘も無い
悪びれないスペアマン Wow
そんな奴らは好きじゃ無い俺はそんなにバカじゃ無い
ハートは今ここにある Wow

Oh Yeh I’m only dreamin’ I’m only dreamin’ for me
Oh Yeh I’m only dreamin’ I’m only dreamin’ for me

右へ倣えで落ち着き一日を選べない
人形とも違わない Oh No!
そんな奴らは好きじゃ無い俺はそんなにバカじゃ無い
ハートは今ここにある Wow

Oh Yeh I’m only dreamin’ I’m only dreamin’ for me
Oh Yeh I’m only dreamin’ I’m only dreamin’ for me

そう、俺はそんな奴らは好きじゃ無いし、俺はそんなにバカじゃ無い。
ハートは今もここにある。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

カテゴリー: 人生観 | コメントする