先導するマスコミを憂慮

昨今、毎日日韓の対立問題でマスコミやメディアが騒がしい。
日本側も韓国側もそれぞれの報道を見聞きする限り、お互いに一歩も引かない喧嘩をやっている感じになっている。

しかし、ここで注意しなければならないことがある。
マスコミというのは、いつの時代も扇動的なのである。

一昨日、妻の友人(日本人婦人)が「ソウルに来てます!」とSNSで連絡をくれた。
「ソウルはいつもと変わらないよ!」と元気いっぱい。楽しんでる様子。
「チマチョゴリをレンタルしてくれるお店は日本人でいっぱい」とも言う。

なるほど、やっぱりそうなのだ。
マスコミの報道はいつも「針小棒大」
いかにも韓国のすべての人が反日であり、Made in Japan不買に参加しているかの様な言い方。

しかし日本と同様に、文在寅政権に反対している人達も多いのだ。
だから、実際に韓国国内では今回の出来事を苦々しく思っている韓国人も多いのだ。

だから、メディアの報道を100%信じて右往左往する必要は全くなく、正しい判断を下すためには自らが持つルートでの情報収集が何よりも大事なことをおしえてくれた出来事である。

しかし、何ら防御する術を持たない一般人は大量に流される間違った情報を鵜呑みにせざるを得ないのが、とても憂慮するところだ。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界, 国際結婚のコツと現実 パーマリンク

コメントを残す