また、始まった「中国の恥部」拡散報道

はじめに申し上げておきます。確かに未だに中国全土で見れば、未開の地もあれば、非衛生的、非文化的な地域も多々あります。
ところが、それを「中国」という一言で十把一絡げ的な印象操作するのはそろそろやめましょう。

さて、昨日のニュース
https://www.asahi.com/articles/ASN3D76NYN3DUHBI04Y.html

「ごみ収集車で食肉を配布 武漢市民ら反発 党幹部を解任」
とのこと。確かにその通りでしょう。きっとそうだと思います。
間違いなくこれは事実です。

しかし、まず大前提として理解しておいて欲しいことは、中国国内でも最先端を行っている一級都市である北京や上海、そして南の広州や深圳などではこんなことは決して起きないという事実です。

人口14億人も抱える中国の場合、幾ら世界的に影響が大きい経済大国になったとはいえ、全国一律にそうなっているのでは無いということなのです。中国一国がある意味世界の縮小体とも言える状況なのです。
貧困地域もあれば、富裕層が溢れる地域もあるのです。
よって、こんな小さな地域の出来事をこれ見よがしに採り上げて、未だに中国は未開地域ですよみたいな「怖い物は見たがる臭い物は嗅ぎたがる」人間の欲望を刺激して、印象を操作するというのは良く無い。

未だに中国でも地方の役人は、世界を知らず、常識も不明瞭なおじさんおばさん達が多いのです。
日本も昔は東京と地方の差は激しく、長い間その格差は大きかったときっと思うのです。ましてや、ちょうど56年前に開催された東京オリンピック当時だって、JRの駅のホームには痰壺があったし、「つばを吐くのはやめましょう!」みたいな標語が貼ってあったのです。

その様な過去を忘れ、中国の地方都市の出来事を見て、やっぱり中国はなどといって溜飲を下げている様じゃあ、日本も大人になりきれていないんだなとただただがっかりするだけです。

もっと、大人になって、フラットに、且つ相手の立場に立って物事を見ていきいましょう。あしからず。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: 上海生活, 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界, 人生観 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です