環境査察の新ラウンド 分析

昨日の投稿で、第二回中央環境監査団が全国を巡回し始めるとお伝えしたが、今回選定された場所が何故選ばれたのかについて分析してみた。

ちなみに、NNA ASIAにも記事が掲載されている。

https://www.nna.jp/news/show/1924036

今回選定された地域は以下の通り。
何故か、海南省や甘粛省などが含まれている。
ここら辺はさほど公害というか工業系の汚染は少ないと思われるのだが、

第一組:上海市
第二組:福建省
第三組:海南省
第四組:重慶市
第五組:甘粛省
第六組:青海省
第七組:中国五鉱集団有限公司
第八組:中国化工集団有限公司

ではまず、以下の資料をご覧頂きたい。

これは、第一回中央監査団の見直し作業にて摘発された違反結果である。
これを見て頂くと分かるが、上記の海南省や甘粛省は含まれていない。
つまり、前回の第一回中央監査時にはこれらの地域は除外されており、環境汚染の実態や腐敗状況についての調査結果が存在しないのである。
よって、まずは前回見落とした場所から始めると言う意向が働いたようであり、且つ見せしめ的に重要な場所として上海市が、更には国営企業の代表株の二社が選ばれたという経緯のようである。

今後、これらの場所における環境問題と役人の腐敗問題にメスが入り、前回以上に厳しく取り締まりが行われていくようである。

各地域、担当者はいま戦々恐々としているに違いない。

省エネ 環境 排気 排水 節電 節水 管理 保守メンテ 汚染 違反 規制 対策 罰金 中国 上海 江蘇省 浙江省 蘇州 無錫 寧波 杭州

ここ↓をクリックお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 環境ブログへ

にほんブログ村

環境問題・保護 ブログランキングへ

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: スマートユーズ, 中国、韓国、アルゼンチン、そして世界 パーマリンク

コメントを残す