NHK BS1  「キャッチ!インサイト」放映で放映されました!

NHK BS1 「キャッチ!インサイト」放映
報道内容報告

※ 2015年5月1日

去る4月7日、NHK BS1にて朝7:00からの報道番組で「日資企業節能環保推進研究会」の活動に絡め弊社STECOの活動の一部と「加速する中国環境ビジネス」というテーマの特集が放映されました。

以下、番組のキャプチャー画像を使いながら簡単に内容の報告をいたします。

vlcsnap-00001vlcsnap-00005

環境保護法の改正に合わせて、今後中国国内に於いて大きな環境ビジネスのうねりが起こることが予想されます。今加速する中国環境ビジネスというまさしくタイムリーな報道でした。

vlcsnap-00004

2015年1月1日より改正施行された環境保護法のポイントです。「違反企業への罰則の強化」が今まさに具体的に進められており、日系企業の工場でも罰金刑を受けた企業が報告されています。

vlcsnap-00007

三浦工業の山本さんが登場。
石炭炊きボイラからガス炊きボイラへの入れ替えによる排出ガス規制対応が今まさに旬を迎えています。

vlcsnap-00010vlcsnap-00013 vlcsnap-00014

排気基準をオーバーした企業は早急に対応を迫られているのが現実です。

vlcsnap-00016 vlcsnap-00017

こうやって政府からの正しい締め付けが行われており、対応の後れは大きなリスクとなることを企業経営者は深刻に受け止める必要があるでしょう。

実際、今回この企業はいち早く排気基準をクリアするための取り組みを行ったことで、このように外国TVの取材にも喜んで対応して下さいました。

未対応の企業は今もできるだけ大っぴらにならないように静かに対応を進めている状況です。

vlcsnap-00018

以上。三浦工業の山本さんの活動を追いかけた「排気基準の改善」事業の状況説明でした。

vlcsnap-00019 vlcsnap-00020

ここからは弊社の活動から今後日系企業の省エネ・環境ビジネスにとって何が必要なのか?というテーマに沿った報道です。

ポイントは、日系企業の持つ素晴らしい省エネ・環境技術の総合力を如何に中国国内に定着させていくか、そしてその為にはどんな活動が必要なのか?に焦点を当てた報道となっています。

日資企業節能環保推進研究会の活動の意義と価値が上手に説明されていると感じます。
ここでは弊社は環境省エネのコンサルタント会社となっております。これは、為井さんのご判断で視聴者の皆さまに分かりやすくするためにそう表現されたそうです。

vlcsnap-00015 vlcsnap-00023 vlcsnap-00036vlcsnap-00027 vlcsnap-00026

以上。日資企業節能環保推進研究会の活動の必要性、そして日系企業が今その流れの中で活発に活動を始めたことが紹介されました。

vlcsnap-00031 vlcsnap-00033

同済大学の譚洪衛教授のもとを訪ね、今後の日資企業節能環保推進研究会の活動方針や方向性、そして産学協同の活動などについてアドバイスを頂いております。

vlcsnap-00034 vlcsnap-00035

譚教授もお忙しい中ではありますが、日系企業の活動を応援して下さっています。弊社ともかれこ7年以上にわたり共同研究などを行って下さっています。

vlcsnap-00037

これを受け、今回取材を行って下さったNHK上海支局の為井貴規記者が全体を纏めて下さっています。

1.中国政府の「環境分野の取り締まりの強化」

2.「環境分野での投資額150兆円超規模」

3.日系企業「市場参入の鍵は、日本技術の総合力」

vlcsnap-00040 vlcsnap-00041 vlcsnap-00042 vlcsnap-00047 vlcsnap-00002

以上が、今回NHK上海支局の為井記者が弊社STECO及び日資企業節能環保推進研究会メンバーの活動を取材された報道して下さった内容です。

今後も中国の省エネ・環境ビジネスは活発化していくことでしょう。
為井記者も今後も引き続き状況を追い続けていきたいと語っておられました。
また改めて取材の申し込みがある事と思います。

 

エガちゃん について

中国に住み着いて14年。 毎日が現場での戦いの連続。絶対に諦めない姿勢で「省エネ・環境ビジネス」確立に挑戦中! これまで日本のどんな企業もやったことの無い大型プロジェクトを追いかける日々です!
カテゴリー: メディア掲載 コラム タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です